JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【宇喜多飛翔が第3ラウンドも「64」2位に5打差をつける】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
宇喜多飛翔(大阪学院大3年)は、1番ホールで15メートルのバーディパットを4メートルもショートしてしまうピンチをいきなり迎えた。しかし、このパーパットを入れて「落ち着いた。入って良かった。ボギーなら流れをつかめかった。あのパーパットを入れたのが今日の7アンダーパーにつながった」とスタートホールでの渾身のパッティングが彼のこの日のプレーを大きく左右した。

「落ち着いてプレーできた」この日も64をマークして、通算22アンダーパーまでスコアを伸ばし、2位の出利葉太一郎(日本大3年)に5打差をつけている。第1ラウンド64、第2ラウンド63と連日の好スコアをマークしていて、万全の体制と見えるが「今
日あたり下から追い上げてくる選手がいるのでは」と不安も感じていたという。事実、宇喜多を上回る「62」をマークした選手が出利葉を含め2人もいた。5打差というセーフティリードがある故に、かえって「優勝して当たり前」のように回りからも見られ、それがかえって本人にはプレッシャーに感じる。

そこでほかの選手のスコアを「気にせず、自分のゴルフをすることに集中し」徹底した。「しっかりと自分のゴルフをする」ことで安定したプレーを取り戻した。

これで本選手権がストロークプレーで行われるようになった1969年以降で優勝最少スコアの「267」ストローク(2006年池田勇太)を更新する可能性が高まってきた。もちろん記録より「勝つ」ことが大事だ。それでも記録更新の期待は高まる。名前は「飛翔」と書いて「ツバサ」と読む。文字通り、「ツバサ」を大きく羽ばたかせることが出来るか。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約