JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【第4ラウンドは悪天候のため中止。競技は54ホールに短縮され、宇喜多飛翔が優勝】
第4日 競技報告:JGA 写真:JGA
2022年度(第75回)日本学生ゴルフ選手権第4ラウンドは26日、千葉県山武郡のカレドニアン・ゴルフクラブ(7,047ヤード・パー71)で57人の選手が出場して行われたが、10時47分に強雨並びに落雷のため競技が一度中断。12時25分に再開されたものの、再び13時24分に雷雲接近のため、競技は一時中断となった。その後、天候の回復が見込めないため、15時に競技中止が決定し、54ホールに短縮された。

この結果、宇喜多飛翔(大阪学院大3年)が通算22アンダーパーで優勝、2位は出利葉太一郎(日本大3年)、3位は下家秀琉(大阪学院大3年)が入賞した。競技が54ホールに短縮されたのは、本選手権ではス
トロークプレーで行われるようになった1969年以降では、1973年以来49年ぶり2度目。

優勝した宇喜多は、第1ラウンドから64,63,64と連日好スコアをマークし、2位の出利葉に5打差をつけていた。この日は9番ホールのセカンドショット地点までプレーが進んでいたところで、競技が中止となった。

来年の本選手権は8月22日から4日間、大山ゴルフクラブ(鳥取県)で行われる。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約