JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【まさかの競技中止、出利葉太一郎は2位に終わる】
第4日 競技報告:JGA 写真:JGA
まさかの競技中止の報だった。9番ホールのセカンド地点でこの日、雷雲接近のために2度目の競技中断のサイレンが鳴り、クラブハウスに引き上げた出利葉太一郎(日本大3年)は、プレーが再開されるものと思っていた。スタート時点で首位の宇喜多飛翔とは5打差があったが、中断になった時点では4打差と詰めていた。「自分自身のゴルフの内容も良かったですし、宇喜多選手も粘っていた、ゲームの内容としては面白い展開でチャンスはある」と信じていた。「これまで取り組んできたことが数字とか成績にあらわれてきた」と
ころだけに、思わぬ結末に戸惑っていた。

「中止になるとは…中断はあると思っていた。さすがにびっくりしていま
す。まだ気持ちの整理というか…悔しいというか、まだよくわからない」とロッカールーム内で語った。昨年の日本アマチュアゴルフ選手権では、首位の中島啓太を追っていた彼は、やはり降雨によるコースコンディション不良のため第4ラウンドが中止になり、54ホール短縮になって2位に終わっていた。2年連続の不運というか、本人も「運命的ものがある。同じような状況で中止になるとは」となんとも言えない巡り合わせだ。

「はやく勝ちきれる選手になりたい。もっともっと成長していきたい」という。2週間前に大学の先輩である堀川未来夢が日本プロゴルフ選手権で「勝ちきる」シーンを目の当たりにした。会場は母校の三島にあるグランフィールズカントリークラブで、最終日に応援に行った。「第2の故郷で、地元の応援を力にかえるのもすごいですし、応援の中ですごいプレーをされていた。人間的にも素晴らしい人です」と大きな刺激を受けた。「強い人が勝つのではなく、勝つ人が強い。そういう選手を目指したい。

自分もいずれは同じフィールドで戦いたい。そのためにあと1年半、いろんなことを吸収して、もっともっと強い選手になりたい」と「強い」「勝ちきる」という言葉を何度も口にした。そこに彼の悔しさが表れている。

しかし、大学3年生の彼には、まだこれからの可能性と道が開けている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約