JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【ショットが好調だった下家秀琉が3位入賞】
第4日 競技報告:JGA 写真:JGA
最終日表彰式、並んだ上位3人。優勝した宇喜多は177cm、出利葉は180cm、そして3位の下家秀琉(大阪学院大3年)も180cmと3人とも恵まれた体格なのだが、とりわけ下家は手足が長くバランスの良い体格で、ティーインググラウンドに立つとひと際目を引く。

この日のラウンドが天候によって中止となってしまい「最後までやりたかったです」と残念がった。

幻となってしまった最終日のスタートホール。そのセカンドショットは2人よりもピン近くに寄せバーディチャンスにつけていた。しかしバーディとはいかなかった。次の2番ホール(パー5)のティーショット、ドライバーで放った力強い中弾道のボールはきっちりフ
ェアウェイへ運んでいた。

「今大会、ショットはずっとよかったです。もう少しパターが入ってくれたら……」と残念そうに語った。

宇喜多とは高校生の頃、試合で一緒になる仲であった。同じ大阪学院大に進学し、切磋琢磨してきた。そして、もう一人同じ大阪学院大ゴルフ部には一つ上の兄の秀平もいる。

兄については「特に兄の存在と意識したことはないです。ライバル?って感じでもないですし、お互いに応援し合える関係です」と教えてくれた。

インスタートだった初日、最後の上がり2ホールで8番ホールでダブルボギー、9番ホールでボギーと3つ落とした。後味の悪い初日となってしまった。だが、迎えた2日目は完全に切り替えることができた。5バーディノーボギーの見ごとなスコアメークで、5つスコアを伸ばしたのだ。結局、今大会は通算12アンダーで単独3位となった

「この4日間を通して、これからにつながる“何か”を得ることができた気がします」と最後は明るく話してくれた。何かをつかんだ下家の今後の活躍を注目したい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約