JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【キャディさんからの声援を受け“地元開催”で上位を狙った中川拓海】
第4日 競技報告:JGA 写真:JGA
最終日、前が全く見えないほどの朝靄だった。キャディさんたちは準備しながら「この靄はそのうち消えるわよ」と教えてくれる。そこから始まる談笑の中で、ある選手の名前が出てきた「中川くん、頑張って欲しいわ」。

中央学院大学3年の中川拓海は、千葉黎明高等学校のゴルフ部の一期生で、3年間キャプテンを務めた。同校の理事長がカレドニアン・ゴルフクラブのメンバーという縁があり、「キャディのアルバイトをした後、ラウンドさせてもらっていました」と話す。高校当時は月に2、3回足を運んだという。自宅から同GCまでは約20分の距離。中川にとってまさにホームグラウンドなのだ。

中川を見つけたキャディさんたちが代
わる代わる彼に近寄って「中川くん、がんばってね~」と声をかける。すると中川は「はい!」と嬉しそうに笑顔で答えた。

本格的にゴルフを始めたのは9歳の頃。小、中学生は試合には出場したが、上位の成績を収めたことはなかった。

今大会に向けて、高校時代のようにキャディをやり、そして練習を重ねた。

4Rスタート時、「今日10位を目指しますよ!」と話していたのだが、残念ながらこの日のプレーは中止に。結果、今大会は1R67、2R71、3R70の通算5アンダーで13位タイとなった。

3日間ともにスタートホールでバーディを奪取したものの、「もう少しバーディが欲しかったですね」と悔しがる。

「でも3日間、安定したプレーができて良かったです。外してはいけないところなど、コースの攻略が分かっているので、そこは大きかったと思います。また練習して出場できるように頑張りたい」と話してくれた。

来年は中川にとっては“アウェー”となる鳥取県・大山ゴルフクラブでの再会を楽しみにしている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約