JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team
Official Partner
DESCENTE
SRIXON
Footjoy
JGA National Team
Official Supporter
SUNSTAR
日本化成
ThreeBond
森ビル株式会社
DOLE
エアウィーヴ
JGA National Team
Supporting Company
EF
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
ミズノスポーツ振興財団
toto
JGA選手育成強化事業は、競技力向上事業助成金を受けて実施されています。
日本スポーツ振興センター
Championship Reports
競技報告
【通算-24で日本チームが2015年大会以来となる10度目の優勝を果たす】
第4日 競技報告:JGA 写真:JGA
2022年度(第29回)ノムラカップアジア太平洋アマチュアゴルフチーム選手権が18日、フィリピンのManila Southwoods Golf & Country Clubで最終ラウンドを行い、単独首位でスタートした日本チームは5つスコアを伸ばし通算24アンダーパーでシンガポールに7打差をつけて、2015年大会以来10度目の優勝を飾った。

2位のシンガポールに3打差、3位の韓国には5打差をつけて臨む最終ラウンドの日本チームは、苦戦が続く松井琳空海から最後の18ホールのプレーをスタートした。スウィング改造中の松井は、2番でダブルボギーに続き、9番(パー4)でよもやの9を叩くなど、この日も厳
しいラウンドとなり5ボギー・1ダブルボギー・1クィンテューブルボギー(+5)の84に終わった。
松井の悔しさを晴らすべく、2番手でティーオフした大嶋港は4番でバーディが先行すると8、9番の連続バーディで前半を3アンダーパー折り返す。後半は15番まで1バーディ・2ボギーで凌ぎ、迎えた16番でバーディ。しかし、最終18番(パー5)でダブルボギーを叩いてしまった。大嶋は、5バーディ・2ボギー・1ダブルボギーと出入りの激しい内容ながら1つスコアを伸ばして、松井とともに最終組でプレーする杉浦悠太のホールアウトを待つ。
その杉浦は、「自分がビッグスコアを出せば、チーム優勝できる」というエースの覚悟を持ってスタート。4番でバーディが先行すると、8番、11番、そして最終ホールもバーディで締めてこの日4バーディ・ボギーフリーの安定したプレーで68をマーク。5つスコアを伸ばした日本チームは、通算24アンダーパーでシンガポールに7打差、3位の韓国に8打差をつけて、2015年大会以来10度目の優勝を果たした。なお、杉浦は通算14アンダーパーで個人戦を制し、日本チームの優勝に華を添えた。

松山英樹、金谷拓実、中島啓太、蝉川泰果と続くJGAナショナルチームの系譜を継ぐ、新世代の選手で臨んだ5年ぶりのノムラカップ。才能あふれる次世代の選手たちは、この優勝で得た自信と課題、そしてナショナルチームメンバーとしてのプライドを胸に、世界への飛躍を誓っている。

●選手コメント
杉浦悠太 4アンダーパー68(4バーディ) 通算14アンダーパー 個人戦優勝
「毎日メンバーでチーム優勝しようと言い合っていたので、実現できて嬉しいです。強化風が強い中でもスコアを伸ばさなければいけなかったので、目標を変えずにバーディを獲っていこうと思いました。個人戦は第3ラウンドまでは気にしていなかったのですが、目の前にスコアがわかっている選手がいたので、流石に気になって。今日は、団体戦での勝利はもちろんですが、個人戦でも勝ちたい、でも無謀なことはやらないように冷静なうえでバーディを獲って、というのが頭の中にありました。後輩2人が水を持って自分の方に向かって走ってきてくれた瞬間に、“あぁ、勝ったんだ”と。その瞬間、2人が走ってきてくれたところが嬉しかったです。各チームトップの選手は、それぞれ上手さがあって、自分に足りないところ、参考にしなければいけないところも感じられたので、ここで満足しないで。絶対に何段階もステップアップしなければならないので。今回の優勝は、自信になりました。これからもっと上を目指していけるような準備、土台に立てたかと思います」

大嶋港 1アンダーパー71(5バーディ・2ボギー・1ダブルボギー) 通算10アンダーパー 個人戦4位
「日本ジュニア優勝も嬉しかったですが、メンバー3人で力を合わせて優勝できて、個人戦とは違う嬉しさで、めっちゃ嬉しいです。今日は、風雨の中でも前半はほぼ完璧なプレーが出来て。最終ホールのダブルボギーだけは、ちょっともったいなかったですが、全体的には良いゴルフが出来ていたと思います。個人戦10位以内、毎日アンダーパーという目標も達成できて良かったです。団体戦の経験があまりなく、普段と違う緊張感を感じられたのは良い経験、将来に役立つ経験になりました。次、また大きな試合での優勝を目指して頑張りたいです」

松井琳空海 12オーバーパー84(5ボギー・1ダブルボギー・1クィンテューブルボギー) 通算20オーバーパー 個人戦34位タイ
「チームに貢献できず、納得はできませんが、次に向けての経験値が上がったこと、この試合で今までにないくらい得るものがあったと思います。自分のスコアに悔しさがこみあがりました。3日目に大嶋君が“チームが乱れるからむくれるのはやめろ“と言ってくれて。自分が拗ねた態度ととってしまうとチームの雰囲気が乱れてしまうので、最後は大嶋君を笑って迎えることが出来ました。先輩2人が優しく、次に向けて成長したいと感じさせてくれて。チームがこの先輩2人で本当に良かったです。今大会はスウィングを変えてすぐで、スコアは出せませんでしたが、ビショップコーチに見てもらって良い感じになっているので、次は成績を残せると思う。ここで学んだことを活かして、集中力、攻め方、気持ちのコントロールの仕方など、個々で学んだことを生かして、次に試合で試したいと思います」


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約