JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【長田莉子が好調なアイアンショットで2位スタート】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
今年の関西女子学生ゴルフ選手権で3位入賞の長田莉子(大手前大学3年)が安定したプレーを見せて2位と好スタートを切った。

10番ホールからティーオフした長田は、11番(パー3)でボギーが先行したものの、13番でバーディを奪取。18番(パー5)でもしっかりとバーディを決めて前半を1アンダーパーで終えると、後半10番でもバーディを重ねる。その後も5番でこの日4つ目のバーディを決め、4バーディ・1ボギーの69でホールアウト。首位と1打差の3アンダーパーに、ホールアウト後は笑顔を見せた。練習ラウンドからグリーンの芝目が強いと感じていたという長田。

第1ラウンドも長い距離のパットは決められなか
ったというが、要所で好調なアイアンショットでチャンスを作り、4バーディに繋げた。「今日は2打目のアイアンショットが良かったです。セカンドショットでピンに寄せられたホールは、しっかりとチャンスを物にできました」と満足げ。

本選手権は3年連続3度目の出場で、初出場がカット、昨年は8位と徐々に順位を上げてきている。関西女子学生でも歳を重ねるごとに順位を上げており、一歩ずつ着実に実力をつけてきていることがわかる。それだけに、今年は自己最高順位の更新、そして優勝という文字も目標に見えてくる。

「首位と1打差ですが、このコースは伸ばさないと上位にはいかれない。なるべくバーディを獲れるように、パッティングの調整をしたい」と、練習グリーンに向かう。落ち着いた語り口同様、プレーぶりも安定している長田。最後までこの落ち着きを失くさずにプレーができれば、初の日本タイトルも夢ではなくなるだろう。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約