JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【益田世梨と山本瑠奈が通算-5で首位を並走】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
益田世梨(東北福祉大学3年)
2023年度(第59回)日本女子学生ゴルフ選手権は24日、鳥取県西伯郡の大山ゴルフクラブ(6,515ヤード・パー72)で第2ラウンドを行った。絶好の天気の中スタートしたこの日野ラウンドだったが、12時49分に雷雲接近のため競技中断。1時間46分後の14時35分に競技が再開される波乱の1日となった。

目まぐるしく変わるコンディションの中、出場選手は奮闘。その中でも出色のプレーを見せたのは、首位と5打差の1オーバーパー18位タイからスタートした益田世梨(東北福祉大学3年)と、本選手権初出場の山本瑠奈(日本大学1年)。益田は、6バーディ・ノーボギーの完璧なプレーで66をマーク。一方、5位タイグ
山本瑠奈(日本大学1年)
ループで第2ラウンドをスタートした山本も積極果敢なプレーで6バーディ・2ボギー68。益田と山本はともに通算5アンダーパーで首位タイとなった。

首位スタートの高木美咲(明治大学4年)は、ボギーが先行する苦しい流れとなり、2バーディ・3ボギーの73とスコアを落とし、この日4つスコアを伸ばした中村好花(福井工業大学3年)とともに2打差3位タイから最終ラウンドでの逆転を狙う。

なお、この日カットが行われ通算3オーバーパーの24位タイ、25名が明日の最終ラウンド進出を決めた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約