JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【益田世梨がベストスコア66をマーク】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
日本女子学生ゴルフ選手権競技第2ラウンド。1オーバーパーで出遅れた益田世梨(東北福祉大学3年)が6バーディ・ノーボギーで、この日のベストスコアとなる66で回り、通算5アンダーパー、前日の18位タイから一気に首位タイに浮上した。

ノーボギーのラウンドも、決して調子がいいというわけではなかった。とにかくパッティングに助けられた1日だったと振り返る。
「どこがいいというのはないんですよね。10メートルくらいのパットが3回くらい入ってくれましたし、微妙な距離のパーパットも入ってくれました。本当にパッティングに助けられましたね」パッティングでつかんだ、この66ストロークというビッグスコアには本人も驚きを隠せない。本選手権会場の大山ゴルフクラブで開催された2021年の日本女子アマチュアゴルフ選手権では、第3ラウンドを終えて通算5アンダーパーでまわっていたものの、最終ラウンドにスコアを大きく崩してしまい、それまでの良かった記憶よりも苦手意識の方が強く残ってしまっているようだ。「正直このコースで、こんなにスコアを出せるとは思っていなくて、今日は昨日のオーバー分をゼロに戻すことを最低限の目標にしていたので、こんなにスコアを伸ばせたことがビックリです。」

距離の長いパットもさることながら、運も味方につけた1日だったと言えるだろう。スタートホールこそ、完璧なドライバーショットをディポットに入れてしまい、不運に嘆いていたものの、その後はアプローチが良いポジションについたり、気持ちに余裕を持ってプレーできていた。最終的には自身がホールアウトした直後に大雨で中断となり、「運が向いてるのかな」と笑顔で話していた。

第1ラウンドこそ出遅れたが、この日のビッグスコアで一気に優勝争いを牽引する順位に浮上してきた益田。優勝のポイントは、「外していけないところに外さないことが、大山ゴルフクラブでは重要なところかなと思うので、パーオンしなくてもイージーアプローチを打てるところはあるので、そういうところにつけることを意識していきたいです」落ち着いたコースマネジメントがポイントになると踏んでいる。

東北福祉大学ゴルフ部に入部してから、大学日本一の称号となる日本女子学生のタイトルを一度は獲りたいと思っていた。首位タイで最終ラウンドを迎える明日は学生日本一を狙う大きなチャンスとなる。混戦模様の最終ラウンドを抜け出し、悲願のタイトル奪取となるだろうか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約