JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
日本のスポーツを応援しよう・スポーツ振興基金
Championship Reports
競技報告
【坂下一葉が通算-5で逆転初優勝】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
入賞者 左から 橋本美月、坂下一葉、園田結莉亜
2023年度(第59回)日本女子学生ゴルフ選手権第3ラウンドは25日、鳥取県西伯郡の大山ゴルフクラブ(6,515ヤード・パー72)で25名の選手が出場して行われ、首位と4打差でスタートした坂下一葉(大阪学院大学2年)が4バーディ・ノーボギーの4アンダーパー68をマークし、通算5アンダーパーで逆転初優勝を決めた。

1打差の2位には、園田結莉亜(東北福祉大学4年)、橋本美月(東北福祉大学3年)の2人が入賞。首位タイでスタートした益田世梨(東北福祉大学3年)は74とスコアを落とし、通算3アンダーパーで高野愛姫(日本大学1年)とともに4位タイ。東北福祉大勢にとっては、悔しい結果に終わった。特に橋
本は17番でバーディを奪い、2位に1打差をつけて単独首位で最終ホールを迎えた。バンカーからの第3打がグリーン手前にショートし、そこからのアプローチを寄せられず、パーをセーブできず。バーディを奪った坂下に逆転されただけに、悔やまれる。

また同じく首位タイでスタートした山本瑠奈(日本大学1年)は76と崩れ、通算1アンダーパーの8位に終わった。

優勝した坂下は「今年初めての日本女子学生出場で、優勝することを目標にしていたので、できて嬉しいです」と喜んだ。これまでにジュニア時代も含めて、全国レベルの大会にはほとんど出場経験がなかった。それだけに、本選手権で見事に初出場初優勝を決めた喜びも大きい。大阪学院大学の選手が本選手権に優勝するのは、2010年大堀薫以来13年ぶり2度目。ちなみに男子の日本学生ゴルフ選手権も同じ大阪学院大学1年の小林匠が優勝し、男女とも大阪学院大学の選手が優勝した。

なお、来年の大会は、8月21日から3日間、兵庫県の加古川ゴルフ倶楽部で開催される。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約