JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【グランドシニアデビューの紀村勝也が自身初の日本タイトルを獲得】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
最終ラウンドを1打リードでスタートした紀村勝也は朝から降り続く雨にスコアを伸ばせず少しずつ焦りをみせていた。迎えた8番。昨日よりもショットが荒れていたという紀村はショットを松林の中に入れてしまう。普段なら出すだけというところで前の組がスコアを伸ばしているという思いがあり、「あそこで無理をしてしまった。チャレンジしてみようという気になって失敗した。気持ちに余裕がなかったのかもしれない」と振り返るこのホールをトリプルボギーとし、次の9、10番でも連続ボギーと悪い流れが続いた。

気持ちを切り替え最後まで諦めず、1打1打丁寧にプレーすることを心掛けたという紀村は12番、14番、16番で3つのバー
ディを奪う。昨日から「このグリーンは狙ったところにさえ打てれば、入ってくれる」と相性の良さを語っていた紀村は、降り続いた雨でもコースコンディションはとても良く、チャンスにつけたところではしっかりと狙ったところに打ち、バーディを奪うことができたという。
後半は3バーディ・2ボギー・1ダブルボギーと耐え抜き、この日5オーバーパーでホールアウト。通算4オーバーパーで、見事本選手権デビュー戦で初の日本タイトルを獲得した。

「この歳になって初めて日本タイトルを獲ることができて感無量です」と喜びを語る。70歳以上の男子アマチュアゴルフファー日本一の栄冠を獲得した紀村に次の目標を聞くと、「この歳になると、いつゴルフができなくなるかわからないので、身体のケアをしながら5年、10年とこれからも競技人生を続けたい」と話し、来年の連覇に向けた戦いに意気込みをみせていた。
グランドシニアにデビューしたばかりの紀村のこれからの更なる活躍に期待したい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約