JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【村川は好調なショットで優勝まであと一歩に迫るも1打差2位入賞】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
先週行われた日本ミッドシニアゴルフ選手権で3位タイに入賞した村川米蔵が今週のグランドシニアでも好調をキープし通算5オーバーパーで2位に入賞した。

1打差で惜しくも優勝を逃した村川だが、「仕方ないですね」と一言。
「今日はドライバーからアイアンまでショットが良かった。ただ方向だけを意識して力を抜いた状態で届かずバンカーに入りボギーなどはあったが、全体的に良かった」と話す。
しかし16番、18番でのボギーが悔やまれる。16番ではスタイミーになった木の上を越えて打ったショットを1メートルにつけたが、そのパットを外してしまい、18番もラフからのセカンドショットでバンカーに入れ、ボギーとしてし
まった。
所々でパターのちょっとしたミスがあったというが、紀村にあと一歩と迫っていただけに終盤の2ボギーは痛かった。

しかし、先週のミッドシニアに続き今週も好調をキープし見事2位に入賞したことについては、「とても満足。悔しいなかにも満足という感じ」と話す。

満足げな表情を見せつつも、「来年のミッドシニア、グランドシニアのどちらかを獲りたい」と話す村川。今年のミッドシニア、グランドシニアで得た自信を胸に来年のリベンジを誓った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約