JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【水上晃男は連覇に向けて「後続を突き放しておきたい」】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
ディフェンディングチャンピオンの水上晃男のスタートは、ピンチから始まった。出だしでパーオンを逃し、ラフからロブショットのアプローチを見せるも、下り傾斜の2メートルのフックラインと、入れ頃外し頃の距離に。このパットを慎重に沈めた水上は、「これでいけるかな」と確かな手応えを掴んだ。
正確なショットは佐賀クラシックゴルフ倶楽部の大きなグリーンを確実に捉え、バーディチャンスを作っていく。しかし、「微妙な傾斜があって読みきれず、難しい」と選手が口を揃えるグリーンに、水上もまた手を焼き、スコアをなかなか伸ばせないもどかしい展開に。それでも、「寄せにいった」というパッティングが決まった15番と17番(パー
3)でバーディを奪取し、前半を2アンダーパーで終える。

後半も1番(パー5)、2番で連続バーディを奪取した水上は、4番でこの日唯一の3パットのミスでボギーを喫したが、直後の5番(パー5)でバウンスバックを決めて、この日5バーディ・1ボギーの68でホールアウト。4アンダーパーで2位に3打差をつけて、連覇に向けて好スタート切った。それでも、水上の視線は「今日はバーディパットをたくさん打つことができたし、もう1つか2つは獲りたかった」と上を見つつ、「連覇は意識せずに1ホール、1ホールを大事にプレーしたい。明日もヤーデージブックとにらめっこしながら、攻め方を考えながらプレーしたい」と、隙を見せない。

日本シニアゴルフ選手権を「一番獲りたいタイトル」と公言する水上は、「難しい佐賀クラシックゴルフ倶楽部だからこそ、後続との差を広げておきたい。最後にプレッシャーがかかるからね」と、連覇に続く道のりをしっかり見通しているようだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約