JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【水上晃男が通算-3で大会連覇に王手をかける】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
2023年度(第44回)日本シニアゴルフ選手権は26日、佐賀県多久市の佐賀クラシックゴルフ倶楽部で第2ラウンドを行った。曇り空の気温22度と絶好のコンディションの中で行われたこの日のラウンド。首位の水上晃男(鷹之台)は1バーディ・2ボギーの73と一つスコアを落としたものの、通算3アンダーパーでホールアウト。2位の木田正彦(名張)との差を6ストロークに広げて大会連覇に王手をかけた。7打差の3位には、この日1オーバーパーにスコアをまとめた金子光規(戸塚)が16位タイから浮上。通算5オーバーパーの4位タイには和田貴之(ゴールド佐野)ら3名がつけている。また、2番(パー4)で105ヤードをウェッジで直接放り込むショットイン・イーグルを決めた難波幸二(大山)ら5名が通算6オーバーパーの7位タイから最終ラウンドでの逆転を狙う。

なお、本日カットが行われ、通算14オーバーパーの58位タイ、65名が明日の最終ラウンド進出を決めた。

明日の最終ラウンドは8時に1番ホールから第1組、10番ホールから第12組がスタートの予定。単独首位の水上、6打差2位の木田、7打差3位の金子の組合せとなる第11組は、9時30分に1番ホールをティーオフし、優勝をかけた最後の18ホールに挑む。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約