JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【水上は70点の出来と不満の残るラウンドに】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
「佐賀クラシックゴルフ倶楽部は、2位との差がいくつあってもわからない難しいコース。だから、後続との差はなるべく広げたい」と話して、単独首位で第2ラウンドのプレーをスタートした水上晃男。その狙い通り、1番(パー5)でバーディ発進を決めて、後続を突き放しにかかる。しかし、「ちょっとずつライン読みがズレていて、パッティングが決まらなかった」とその後は、チャンスを迎えながらもスコアを伸ばせないもどかしい展開に、13番ホールまでスコアカード通りの数字が並んだ。そんな悶々とした中でも集中力を切らさずにプレーを続けてきた水上だったが、徐々に神経をすり減らしていたのか、「少しずつショットも乱れてきて」と14番
では、OBを覚悟するミスショットが出てしまう。このホールはパーで凌いだものの、「あれでホッとしてしまったのか」と、15番ではピン奥から3パットでこの日初ボギー。17番(パー3)でも3パットのミスで、この日1バーディ・2ボギーの73でホールアウト。通算3アンダーパーにスコアを落としたが、126名の出場選手の内アンダーパーをマークしたのは1人と他の選手も佐賀クラシックゴルフ倶楽部の難グリーンに手こずり、首位を堅守。しかも、目論見通りに2位との差を3打から6ストロークに広げて、大会連覇をかけた最終ラウンドに臨むことになった。

思惑通りの展開となった今大会だが、水上に心からの笑顔は見られない。「今日は、耐えるというか……次にボギーが来るのかバーディが来るのかという気持ちでプレーしていた。結果的に先にバーディが来たけれど、最後にボギーを叩いてしまった。上がりのホールで崩したから……70点ぐらいの評価です」と、プレーの内容が満足とは程遠いものだった。6打差で迎える最終ラウンドは、「やっぱり差はあってないようなものです。3位以内には入れるように頑張ります(笑)」と、周囲を煙に巻いて、泰然自若で迎えるつもりだ。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約