JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【好調なパッティングでピンチを凌いだ千代が2位タイ】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
1アンダーパーの2位タイでフィニッシュした千代直人は、好スコアをマークした要因について「マネジメントですね。あとは2メートルの距離のパッティングが入ってくれたから。いい流れで18ホールをプレーすることができた。みなさん好スコアでしたし、何よりいいリズムでプレーできたことが良かった」と同伴競技者にも恵まれたようだ。

スコアカードの内容だけを見ると、4バーディ・3ボギーと危なげなく18ホールを消化してきたように見えるが、「ピンチばかりでした。本当に長いパーパットが入ってくれた。グリーン上のいい位置に乗ってくれたので1ピンの距離でも何度もパーセーブできて」と振り返った。

難コースで知られ
る芥屋ゴルフ倶楽部の高麗グリーン。どのように攻めるのが鉄則なのか。アンダーパーでプレーした千代ですら「グリーンを狙う時にはフロントエッジに落として、グリーンセンターでやっと止まるイメージ」と話すように、なかなかチャンスに付くことが少ない。しかし、グリーンに乗ってしまえば、「順芽、逆芽をしっかりと読み切れば高麗グリーンも怖くない」とパッティングに自信をのぞかせる。

第2ラウンドに向けて「明日以降も今日と同じでボギーを打たないゴルフをしたい」と力強く意気込みを話した。

明日は午後から天気が崩れてくる予報。好調なパッティングを活かして、どこまでスコアを伸ばせるのか期待したい。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約