JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【阪は2打差2位タイ後退も「何が起こるかわからないのが勝負事」と逆転を誓う】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
ホールアウト後、阪幸樹は、「昨日のプレーは忘れて、自分の中ではリセットして第2ラウンドに挑みました」と語り、「前半の途中に2つボギーが先行したけど、18番ホールでバーディを獲ることができました」と前半の9ホールのプレーを振り返った。

しかし、ハーフターン直後、1番ホールのティーショットは無情にも右のOBへ吸い込まれてダブルボギーに。続く2番でもボギーを喫してしまう。改めて「冷静さを取り戻さないとダメだ」、と自分に言い聞かせた阪は3番ホールでバーディを奪取。最終ホールもバーディフィニッシュで、なんとか優勝争いに踏みとどまった。

「到底敵わない相手であることは理解している。それでも明日
は雨で、飛距離では自分に分があることは分かっている。何が起こるかわからないのが勝負ごと」と、百戦錬磨の豊島を相手に一歩も引く気はない。「ティーショットを曲げずに、しっかりグリーンをキャッチしていきたい。バーディパットを多く打てた者が勝つと思う。この数日間でどうやってグリーンに止められるか分かってきた」と、最終ラウンドに向けて意気込みを話した。

明日は“ストップ豊島”を目指し、阪の長い1日が待っている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約