JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【吉岡ひかるは大先輩のエールを胸に-1の好スタート】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
吉岡ひかるが6バーディ・5ボギーの1アンダーパーをマーク。持ち前の飛距離を活かし3位タイで明日の最終ラウンドを迎える。

「調子は悪くなかったので、スコアを出すというよりは自分自身の最善を尽くすプレーをしようと心がけました」自身のプレースタイルを分析すると、「飛距離を武器にしているのでどうしてもボギーは出てしまう」とのこと。それでもバーディも多いことも強みだそうだ。その言葉通り、この日はボギーのあとにバーディを奪うバウンスバックが2度。ボギー先行のラウンドも、きっちりバーディで巻き返せたことが大きかった。

吉岡のホールアウト後、ディフェンディングチャンピオンの近賀博子が声をかけて、共
に写真を撮影していた。近賀について吉岡は、「日本女子アマとかでも一緒に頑張ろうねとか、いつも励ましてくれたりしますし、大先輩ですごくよくしてくれるので本当に嬉しいです」。

近賀自身も9位タイと優勝を十分狙える位置につけているだけに、頂点に立つためには乗り越えなければいけない高い壁がある。

首位と2打差で迎える最終ラウンドだが、「明日も天気は心配ですけど、今日と変わらず1ホール1ホール切り替えて、自分自身の最善のプレーをするということを心がけてやっていきたい」

明日も自身の武器である飛距離を最大限活かしてバーディ量産を誓った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約