JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Sports Festival/Sports Masters Japan
[ 国民体育大会・
日本スポーツマスターズ ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
フォトギャラリー
国民体育大会・日本スポーツマスターズ日程
Championship Reports
競技報告
【三重県が通算+3で2010年大会以来2度目の優勝】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
団体戦優勝 三重県
個人戦優勝 栗原悦子(三重県)
日本スポーツマスターズ2023福井大会・ゴルフ競技女子は8日、福井県のわかさカントリー倶楽部で第2ラウンドを行った。この日は、台風13合の影響で会場のわかさカントリー倶楽部は豪雨となり、第2ラウンドの個人戦中止が決定。団体戦は各チーム1名(選手A)のスコアをこの日のチームスコアとすることが決まった。
2オーバーパーで大阪府とともに首位タイでスタートした三重県は、多賀章子が2バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの74、1オーバーパーでホールアウト。一方の大阪府は、平松宣子が2ボギーの75、2オーバーパーに終わり、三重県が通算3オーバーパーで2010年大会以来2度目の団体優勝を決めた。2位の大阪府に1打差の通算5オーバーパーの3位に京都府が入った。
大会連覇を狙った愛知県は、通算12オーバーパーの6位タイ。開催県の福井県は通算34オーバーパーの43位タイに終わった。

なお、個人戦は第2ラウンドが中止となったため、第1ラウンドを2アンダーパー71で終えていた栗原悦子(三重県)が本大会初優勝を飾った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約