JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Sports Festival/Sports Masters Japan
[ 国民体育大会・
日本スポーツマスターズ ]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
フォトギャラリー
国民体育大会・日本スポーツマスターズ日程
Championship Reports
競技報告
【第1ラウンドが終了。三重県と大阪府が+2で首位を並走】
第1日 競技報告:JGA
日本スポーツマスターズ2023福井絵大会・ゴルフ競技女子は7日、福井県のわかさカントリー倶楽部で第1ラウンドを行った。

晴れ時々曇りと好コンディションの中で行われたこの日は多くの好プレーが見られた。その中でチームスコアを2オーバーパーにまとめた三重県と大阪府が首位タイに並んだ。三重県は栗原悦子が3バーディ・1ボギーの71でチームを牽引すると、多賀章子が77にスコアをまとめる。吉川美香は79ストロークで不採用スコアに終わったが、個人選手位に立った栗原のプレーが光った。一方の大阪府も平松宣子が3バーディ・3ボギーのパープレーをマークすると、光山美由紀が4バーディ・6ボギーと出入りの激しいプレーながら2オーバーパーでホールアウト。下村正美は80で不採用スコアとなったが、首位タイに並んで明日の最終ラウンドを迎える。

三重県、大阪府に1打差の3位は昨年大会で愛知県と優勝を分け合った兵庫県がつけている。愛知県はチームスコア10オーバーパーで首位と8打差の11位タイで第1ラウンドを終えた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約