JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則動画
出版物のご案内
ルールコラム
+ ゴルフ規則よくある質問 (規則14.3c)
[2020/08/25]
【質問】
ドロップの処置をしたときに、再ドロップをしなければならない場合とは?

【回答】
ドロップした球が救済エリアに落ちた後、その救済エリアの外に出てしまった場合は再ドロップをしなければなりません(図真ん中)。
再ドロップをしても球が救済エリアの外に出た場合は、再ドロップをしたときに球がコース上に落ちた箇所にプレースしなければなりません。
間違った方法でドロップをしてしまったり、誤所にドロップしてしまった場合は、ストロークをする前であれば罰なしに訂正することができます。この場合の訂正の回数に制限はありません(図右)。


「ゴルフ規則のオフィシャルガイド/ゴルフ規則書/ゴルフ規則プレーヤーズ版」の購入はこちら

戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約