JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
Search WWW Search jga.or.jp
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
JGA裁定集
出版物のご案内

Information
・公認球リスト
・適合ドライバーヘッドリスト
・不適合ドライバーヘッドリスト
・クラブと球についての規則ガイド
・2010年新しい溝の規則について
・情報としてのクラブデータベース
・用具審査手続き
・アマチュア資格復帰手続き
・プレーに関する規則「よくある質問」
・用具に関する規則「よくある質問」
・アマチュア資格に関する規則「よくある質問」
・マッチプレーの競技運営・規則ガイダンス
ルールコラム
+ ゴルフルールコラム(36):ティーの形状
[2009/07/27]
ティーインググラウンドから第1打をプレーする場合や、規則に基づいてティーインググラウンドから球をプレーすることを要求される場合、球をティーアップすることができます。球をティーアップするために使用されるティーについて定義では次の規定を設けています。

① ティーは球を地面から高く置くためにデザインされたものでなければならない。
② ティーの長さは4インチ(101.6ミリメートル)以下でなければならない。
③ ティーはプレーの線を示したり、球の動きに影響を与えかねないデザインや作りであってはならない。

上記の規定に違反するティーを使用した場合は規則11-1に違反し競技失格となります。

ティーがゴルフ規則に適合かどうかはR&Aの用具審査によって裁定されます。R&Aの裁定を受けていないティーの適否について競技で紛議が生じた場合、その競技を管理する委員会が上記定義の規定に基づいて、その競技における裁定を行なうことになります。

なお、複数のティーや、グリーンフォークを紐で繋げたティーを使用すること自体はゴルフ規則に違反しませんが、そのような紐やティーでプレーの線を示してストロークをした場合は規則8-2に違反しますので、そのようなティーを使用する場合には疑義がもたれないよう注意すべきです。

定義「ティー」


戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約