JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
Search WWW Search jga.or.jp
HOME
Rules of Golf
[ゴルフ規則・用具]
ゴルフ規則・用具関連ニュース
ルールコラム
ゴルフ規則
アマチュア資格規則
用具の規則
ゴルフ規則裁定集
JGA裁定集
出版物のご案内

Information
・公認球リスト
・適合ドライバーヘッドリスト
・不適合ドライバーヘッドリスト
・クラブと球についての規則ガイド
・2010年新しい溝の規則について
・情報としてのクラブデータベース
・用具審査手続き
・アマチュア資格復帰手続き
・プレーに関する規則「よくある質問」
・用具に関する規則「よくある質問」
・アマチュア資格に関する規則「よくある質問」
・マッチプレーの競技運営・規則ガイダンス
ルールコラム
+ ゴルフルールコラム(54):誤球のプレー
[2010/01/12]
自分のインプレーの球以外の球をストロークした場合、誤球のプレーをしたことになりマッチプレーではそのホールの負け、ストロークプレーでは2打の罰を受けます(規則15-3)。

コース上でよくあるのは、同伴競技者の球をストロークしてしまった、あるいは遺棄されている球をストロークしてしまったケースでしょう。

また、アウトオブバウンズにある球をストロークしてしまったり、初めの球が5分以内に見つかったのにすでプレーした暫定球の方を続けてストロークプレーしてしまった場合も誤球のプレーをしたことになります。

ストロークプレーで誤球のプレーをした場合は2打の罰を加え、自分の正しい球でプレーをし直さなければなりません。なお、その場合、誤球をストロークした打数はカウントしません。例えば、第2打目を誤球のプレーをしてしまった場合、プレーヤーはあらためて自分の球を第4打目としてプレーなしければなりません。

また、自分の正しい球を探さなければならない場合、誤球をプレーした時間は球を捜索するための5分間にはカウントしません。

自分の球が同伴競技者に打たれてしまった場合、つまり誤球のプレーをされてしまったほうの競技者は罰なしに、球を元の位置にリプレースしなければなりません。リプレースする球は別の球に取り替えることもできます。

ストロークプレーで誤球のプレーをしたのに、訂正のプレーを行なわずに次のホールのティーショットをプレーした場合(最終ホールではパッティンググリーンを離れる前に訂正の意思を示さなかった場合)、競技者は競技失格となります。

規則15-3 誤球




戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約