JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
National Team
[ナショナルチーム]
ナショナルチームニュース
競技日程[国際競技日程へ]
ナショナルチームとは
男子ナショナルチーム
女子ナショナルチーム

JGA National Team Official Supplier
DESCENTE
SRIXON
asics
AOKI
AOKI
ミズノスポーツ振興財団
国際交流事業は(公財)ミズノスポーツ振興財団から助成を受けております。
toto
ナショナルチームニュース
+ 【第10回アジアパシフィックアマチュア選手権 金谷選手が優勝】
[2018/10/07]
「第10回アジアパシフィックアマチュア選手権」が、シンガポールのSentosa Golf Club、New Tanjong Course(パー70、6847ヤード)にて、10月4日~7日に開催された。

金谷拓実選手が、松山英樹選手に続く日本人2人目の優勝者となり、2019年のマスターズと全英オープンへの出場権を獲得した。中島啓太選手も、最後まで接戦を繰り広げ、インドのRayhan THOMAS選手と共に2位に入賞し、2019年の全英オープン最終予選の出場権を獲得した。

高温多湿の中での1週間となったこの大会。最終日を首位から2打差で金谷選手と中島選手がスタートした。ハーフの9ホールを終える前に、雷雨のため一時中断となり、この時点で日本人の2人が首位タイとした。中島選手が、バーディパットを逃す中、金谷選手が、14,15,16番を3連続バーディとし一気に引き離し、優勝をもぎ取った。

JGAナショナルチームは、2015年10月にオーストラリア人ゴルフコーチのガレス・ジョーンズ氏をヘッドコーチに招聘し、この3年間で選手育成強化プログラムを構築してきた。その中で様々な経験を積んできたこの両選手。今年8月末にインドネシアで開催されたアジア競技大会では、個人金メダルを獲得した中島選手。そして、この大会で見事、夢の切符を手にした金谷選手。間違いなくアジア太平洋地域を代表する選手に成長したことを示した。
今後の選手の活躍、そしてプログラムの更なる進化に期待したい。

◆日本代表選手 最終成績
1位: 金谷 拓実 13アンダー
2位タイ: 中島 啓太 11アンダー
24位タイ: 大澤 和也 イーブン
30位タイ: 呉 司聡、丸山 奨王 1オーバー
予選落ち: 大西 魁斗

大会の様子は以下のJGA公式フェイスブック、そして大会公式サイトよりご覧ください。

JGA公式フェイスブックは、こちら
大会公式サイトは、こちら
開催コースは、こちら

ナショナルチームニュース一覧はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約