JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【女子オープン初制覇に向け好発進の宮里藍】
第1日 競技報告:武藤一彦 写真:Gery Kobayashi
【女子オープン初制覇に向け好発進の宮里藍】
 「メジャーだしこんなもんだろう、とあせりはありませでした」宮里はボギー連発のスタートにも慌てなかった。1番ホール、左ラフに入れ5アイアンのセカンドショットはバンカーでボギー。2番ホールのティーショット、今度は右ラフ、グリーンまで98ヤードしかなかったが、乗らず連続のボギーと最悪のスタートに見えた。しかし、ここからが本領発揮だ。先の米ツアー第1次予選で第1日、106位と最悪のスタートを切りながら最終的には2位にまで盛り返した底力は本物だった。
 4番ホールでティーショットをスプーンで打ちフェアウェーをとらえるとピンそばに寄せバーディー。6番、右カ
ラーにへばりつくようにとまった位置からパターでねじ込んだ。アッという間にイーブンパー。
 インはショット、パットともさえた。13番ホールでは、9番アイアンのショットが50センチについた。14番ホールで13メートルのパットが入った。17番では8メートルもねじこみ3バーディーのフィニッシュとなった。
 「スタート前はイーブンパーで回りたいと思っていたが、距離感が合わなかった。グリーンが堅いと警戒感がありすぎたのかショートしてしまった」最悪のスタートを反省した。狭いフェアウェー、午後には風向きもめまぐるしく変わった。「決してやさしくなかった」と振り返りながらもそこは前向きに処理した。「大前提は無理しない、我慢する。攻守をきっちり決めチャンスが来たら…」きっと唇をかんだ。
 昨年は第1日に乱れカットの憂き目にあった国内メジャー戦。1年間の成長がはっきりと出た1日目だった。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約