JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team Official Supplier
MIZUNO
FOOTJOY
SRIXON
asics
Championship Reports
競技報告
【クィーンシリキットカップいよいよ開幕!】
大会前 競技報告:JGA 写真:JGA
左から二宮コーチ、福田、新里、香妻、里深キャプテン
アジア太平洋地区最大で唯一の女子アマチュアチーム選手権「クィーンシリキットカップアジア太平洋女子招待ゴルフチーム選手権」は明日31日の第1ラウンドを前に開会式を挙行した。

31回大会となる今大会は、15年ぶり3回目のインドネシアでの開催。会場はバリ島のNirwana Bali GC。海に面しているコースだが、海風の影響はほとんどなく、フェアウェイも広い。また、特に今大会の特徴は、近年では最も短い設定距離。通常パー72で運営されているコースを本大会用に、2つのパー4をパー5に変更し、6,084ヤードパー74に設定。6つのパー5のうち4つは2オンが可能となり、昨年の日本大会同様、好スコアで
の試合展開が予想される。

日本は、新里菜苗をチームリーダーに、昨年の日本女子アマでメダリストを獲得した香妻琴乃、チームジャパン・ジュニアメンバーながら、昨年のネイバーズトロフィー・ジュニアオープンに続いて3度目の海外派遣競技となる福田真未の3名でチームを編成。7年ぶり7回目の優勝を目指す。

大会連覇がかかるライバルの韓国は、一昨年の世界ジュニア チャンピオンのHa-Na Jangを中心に大会最多記録更新を狙う。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約