JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team Official Supplier
MIZUNO
FOOTJOY
SRIXON
asics
Highlight
大会のみどころ
2009年度(第31回)クィーンシリキットカップ アジア太平洋女子アマチュア招待ゴルフチーム選手権
4月1日(水)〜3日(金)の3日間、インドネシアのNirwana Bali GCで開催される「第31回クィーンシリキットカップ アジア太平洋女子アマチュア招待ゴルフチーム選手権」の日本代表が決定した。
日本代表は、香妻琴乃(日章学園高校2年)、新里菜苗(大阪学院大学4年)、福田真未(沖学園高校2年)の3名。

香妻 琴乃(日章学園高校2年)】

JGA女子ナショナルチームメンバーに初選考された香妻琴乃。
昨年は、日本女子アマチュアゴルフ選手権競技で史上最小スコアでメダリストを獲得してベスト16入りを果たしたほか、九州ジュニア優勝と飛躍の1年になりました。
身長155センチと小柄ながら、切れのあるスウィングから繰り出されるショットパフォーマンスは、同年代の選手の中でも光るものがあります。
初出場となる国際競技の舞台はインドネシア。これまでの日本代表が苦しんできた芝の違いに対応できれば、上位進出の原動力となる可能性は高いでしょう。
 
新里 菜苗(大阪学院大学4年)】

JGA女子ナショナルチームメンバー初選考の新里菜苗。
新里は、高校時代から関西ジュニアや西日本パブリックを制するなど頭角を現し、2006年から関西女子学生を3連覇するなど関西を代表するトップアマチュアとして活躍しています。
昨年の日本女子アマでは、準決勝で優勝した森桜子に惜敗したもののベスト4の成績を残し、世界大学の日本代表に選ばれるなど、国際競技にも参加。精度の高いドライバーショットと巧みなショートゲームが持ち味の新里には、チーム最年長として、リーダーシップも求められます。
 
福田 真未(沖学園高校2年)】

2007年から3年連続でチームジャパン・ジュニアメンバーに選考されている福田真未。
昨年はネイバーズトロフィーとジュニアオープンに出場し、国際競技の経験を積んできました。
特にジュニアオープンでは、第1ラウンドで大会史上初めて女子選手で総合トップに立つ活躍で、5位入賞を果たし、ヤングレディス賞を獲得。潜在能力の高さは、海外のゴルフ関係者の注目を集めました。
167センチの長身で、ここ数年取り組んでいる筋力トレーニングの効果もあり、体力面の向上も目覚しく、もともと250ヤードの飛距離のあるドライバーショットがさらに安定性を増し大きな武器となりました。スケールの大きなプレーは、既に国際競技でも充分通用するレベルにあることが証明されています。
福田自身3度目の国際競技となる「クィーンシリキットカップ」では、長打力を武器に、上位入賞を目指します。
クィーンシリキットカップとは
タイ国の女子アマチュアゴルフ協会が主催するアジア太平洋地区唯一で最大級の女子公式団体戦。ゴルフを通じて同地区の友好を深めるとともに、スポーツマンシップの促進、女子ゴルフの普及及び発展を目的に1979年から毎年、アジア各国で開催されています。

大会名称となっている「クィーンシリキットカップ」の由来は、同協会が第1回選手権をバンコクのナバタニ・ゴルフコースで開催するにあたり、大会主旨に賛同されたタイ国のシリキット女王から優勝杯を寄贈されたことによるものです。

これまでの大会結果を振り返ると、韓国が最多の9回の優勝を数え、それに続きオーストラリアが8回本選手権を制しています。日本は、過去6回の優勝を果たしていますが、近年では、2002年大会以来優勝から遠ざかっております。

クィーンシリキットカップには過去、カリー・ウェブ(オーストラリア)やヤニ・ツェン(チャイニーズタイペイ)などUSLPGAツアーで活躍を続けている選手がアマチュア時代に出場しているほか、日本代表選手として、服部道子や福嶋晃子、大山志保、古閑美保、宮里藍、諸見里しのぶ、宮里美香など女子プロゴルファーで活躍している多くの選手が名を連ねています。

Nirwana Bali GCの特徴
Nirwana Bali GCは、ングラライ国際空港から車で80分。バリ独特の棚田が広がる田園風景とインド洋に面した美しい景観の18ホールです。

設計はグレッグ・ノーマンが行い、自然の地形を活かしたレイアウトと深いバンカーが点在し、戦略性の高い難コースとして知られています。特に、インド洋を越えてグリーンを狙う7番パー3は、このコースの象徴的なホールであり、的確な風の読みと正確なショットが求められるキーホールです。
HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
YARDS 346 172 377 383 421 428 144 476 334 3,081
PAR 4 3 4 4 5 5 3 5 4 37
HOLE 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TOTAL
YARDS 418 193 320 310 148 417 380 321 496 3,003 6,084
PAR 5 3 4 4 3 5 4 4 5 37 74

2008年度(第30回)クィーンシリキットカップ アジア太平洋女子アマチュア招待ゴルフチーム選手権 競技報告
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約