JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team Official Supplier
MIZUNO
FOOTJOY
SRIXON
asics
Championship Reports
競技報告
【チームジャパン・ジュニアの福田が3アンダーでチームを牽引】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
チームジャパン・ジュニアメンバーながら本選手権の代表に抜擢された福田真未。試合前夜、「昨年のネイバーズトロフィーやジュニアオープンの雪辱を期して、チーム内でもトップのスコアを出したい」と語った福田は、その言葉通り、4バーディ・1ボギーの3アンダー・71とスコアをまとめ、チームを牽引した。

しかし、スタート前、昨年の両選手権とは全く異なる雰囲気が福田を飲み込み、1番ホールのグリーン上で「こんな経験したことがない」とパターを構える両手の震えが止まらなかった。それでも、「皆ナイスショットでスタートして行ったから、自分も絶対パーで出て行かなくちゃ」と、何とか震える手を押さえてパーパットをねじ込む
と、その後も緊張やプレッシャーと戦いながらもパーを積み重ねていった。
そして海に向かって打ち下ろしていく左ドッグレッグの6番(428ヤード・パー5)。5番ウッドで放ったセカンドショットはピン奥4mのイーグルチャンスにつき、これを外すもこの日初のバーディを難なく獲ると、続くNirwana Bali GCの名物ホールでもある7番(144ヤード・パー3)でも、8番アイアンでピン横1.5mにぴたりとつけて連続バーディ。前半を2アンダーで折り返した。

このまま波に乗るかと思われた10番ホール、未だ緊張の取れない福田のティショットは左へ大きく引っ掛けて、あわやOBのピンチが訪れた。しかし、二宮コーチの指示の下、しっかりと3打目をグリーン手前にパーオンさせ粘り強くパーをセーブし、スコアを簡単に崩さない気持ちの強さと成長振りを見せた。12番こそ、パーパットを打ち切れず3パットのボギーとしてしまったものの、上がりの15番、16番では更に連続バーディでスコアを伸ばし、個人6位タイとチームに貢献した。

チームベストスコアをマークしたものの、当の本人は不満顔。「コースを考えたら、ゴルフの内容はオーバーパーでも仕方ないです。フェアウェイウッドがぶれてしまって不安だったけど、ホールアウト後の練習で感覚を掴めたので、明日は自信を持って、攻めるところは攻めて更にスコアを伸ばしたいです。目標はあくまで60台です。」と、明日、首位の韓国に1打でも迫るべく更なるスコアメイクを誓った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約