JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team Official Supplier
MIZUNO
FOOTJOY
SRIXON
asics
Championship Reports
競技報告
【香妻は6バーディ・4ボギーの出入りの激しいゴルフで9位タイ】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
昨年の日本女子アマで最少スコア記録を更新し、メダリストを獲得。高校2年生になる今年、ナショナルチームに初選考された香妻琴乃が、自身初の海外派遣競技に挑んだ。
6バーディ・4ボギーと出入りの激しいゴルフながら、「いつものことです」と本人は飄々としたもの。グリーン上で手が震えたという福田・新里とは裏腹に、「スタートは里深キャプテンや二宮コーチなど皆がついていてくれたのであまり緊張しなかったし、周りのスコアも全く聞かなかったので知りませんでした」と、その大物振りを覗かせた。

いつも通り、の言葉通り3番ホール(377ヤード・パー4)で、セカンドを見事30cmにつけてバーディを奪ったかと思うと、
3連続3パットで一時はイーブンまでスコアを落とした
続く4番ホール(383ヤード・パー4)ではラフから上手く寄せた70cmのパーパットを外してボギー。5番、6番の短いパー5では連続バーディと、目まぐるしくスコアが変動した。8番ホール(476ヤード・パー5)でも更にスコアをひとつ伸ばし、そのまま3アンダーで折り返すかと思われた9番ホール。7番ウッドで刻んだつもりのティショットは左のバンカーへ。セカンドショットも砂を取りすぎて更にグリーン手前のガードバンカーへ打ち込むと運悪く目玉となり、トータル2アンダーでフロント9を終えた。

しかし、「ハーフの目標は少なくとも3アンダーだったので…」と後半12番、13番では「欲が出ました」とバーディチャンスから連続3パットのボギーとし、貯金を使い果たしてしまった。続く14番パー3でも、ピン右6メートルに乗せるも、パーパットを1.5m残し、キャディに「危ないっ」と言われるほど、ひやりとしたが、何とか3連続3パットにせずにパーをセーブすると、「このパーパットが何とか入ったので、次はロングだし絶対獲ろうと思いました」と、この日5つ目のバーディは4mのイーグル逃しとなった。

結局、6バーディ・4ボギーの2アンダー・個人9位タイで初日を終えた。
「去年のスコアに比べたら、まだまだ十分に優勝を狙える位置にいるので、明日は7バーディ・2ボギーの5アンダーを目標に頑張ります」と初の海外競技の初日を締めくくった。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約