JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team Official Supplier
MIZUNO
FOOTJOY
SRIXON
asics
Championship Reports
競技報告
【チームリーダーの新里が3オーバーと大ブレーキ】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
今年ナショナルチームに初選考ながらも、チームリーダーとして高校生2人を引っ張らなければならない大学4年生の心中はいかばかりだったであろう。

アジア大学選手権や世界大学選手権など、国際試合の経験を踏んできた新里をして「こんなに緊張するものだとは思いませんでした。パターを持つ手の震えが止まらず、エッジ横からでさえパターを持つことが出来ませんでした」と言わしめた本選手権。アジア太平洋地区唯一にして最大の女子チーム選手権独特の雰囲気と、それでもチームリーダーとして戦わなければならないプレッシャーは、初出場の新里を容赦なく飲み込んだ。

2番ホールで、決して調子の悪くなかったはずのアイアンショ
ットがショートし、アプローチも寄せきれずボギーとすると、4番ホールではほんの50cmのバーディチャンスを外し、「これで慌ててしまい狂いだしました」と、その後もドライバー、ショット共に精彩を欠き、アプローチでパーを拾う終始苦しい展開となった。逃し続けたバーディチャンスを8番ホールでやっとものにするも、ハーフターン直後の10番ホールを3パットのボギーとすると、続く11番ホールでもパッティングに迷いが生じて1mのパーパットを外す。結局、最後まで立て直すことが出来ずに、1バーディ・4ボギーの3オーバー・77と不本意な出だしとなった。

「本当に何も出来ませんでした。考えすぎて自分のゴルフも全く出来ないまま1日が終わってしまいました」と終始うなだれていた新里だが、本日6アンダーを叩き出した台湾のYu-Ling Hsiehのプレーを見て、「飛距離はほとんど自分と同じくらいなのに、セカンドショットはバンカーからであっても距離をきちんと合わせてくるし、パッティングもミスしても1.5mまでしか外しませんでした。パーパットは必ずねじ込んでくる姿勢は勉強になりました。明日は自分も考えすぎず、もっとシンプルにゴルフを組み立てて、チームに貢献したいです」と、リーダーとしての意地とプライドをかけ、明日以降の巻き返しを図る。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約