JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team Official Supplier
MIZUNO
FOOTJOY
SRIXON
asics
Championship Reports
競技報告
【福田は1アンダーながら悔し涙のラウンドに】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
昨日、3アンダー個人6位とチームを牽引した福田真未は、今日も1アンダー・73と堅実なプレーでチームに貢献した。
「初日よりは少しは緊張も取れました」と調子が上向きの福田は、4番ホールまで堅実にパーを重ねると、短いロングホールが続く5番、6番できちんとバーディを奪い、昨日もバーディを獲っている続く7番でも距離をしっかり合わせ、2.5mのバーディパットを沈め、勢いに乗る。9番でも更に1つスコアを縮め、前半を4バーディ・ノーボギーの完璧なゴルフでターンした。

しかし、「流れがすごく良くて、この調子ならもっといけると思ったんですが…力尽きました」と本人も語る通り、11番でぴたりとつけた短いバー
ホールアウト後涙が止まらなかった福田
ディパットを外すと、ショートパットの感覚が狂いだす。不安を覚えてグリーン上に上がった福田は、12番で3パットのボギーとすると、そのまま続く13番でも1mをひっかけて連続3パットのボギーとし、呆然とする福田はグリーン上で悔し涙を抑えることが出来なかった。

「前半の調子が良かったので、まだ伸ばせる、とバーディを狙いすぎて強く打ちすぎてたことに気づきました」と反省しきりの福田だが、既に立ちなおせる冷静さを欠き、そこからはチャンスホールでもパーセーブするのがやっと。結局、最後の18番ホールでも2.5mのパーパットを打ち切れず3度目の3パットのボギーとして、4バーディ・3ボギーの1アンダー・71でホールアウト。前半は目標であった60台を狙えるゴルフをしていただけに、ホールアウト後も悔し涙にくれた。

明日の最終日は昨年、ネイバーズトロフィーで完敗した韓国・台湾とのラウンド。「集中力を切らすことなく、負けずについていきたいです。今日は攻めすぎたところがあるので、慎重になりつつもやっぱり目標は60台で、頑張ります」と昨年の雪辱を期して、明日の最終日に臨む。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約