JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team Official Supplier
MIZUNO
FOOTJOY
SRIXON
asics
Championship Reports
競技報告
【イーブンパーの堅実なプレーで福田が個人5位と健闘】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
初日、2日目とアンダーパーでプレーしチームを牽引し続ける福田真未が、厳しいホールロケーションで各チームがスコアを落とす中、今日もイーブンパーと堅実なゴルフで個人5位に入る活躍を見せた。

「今日は3日間で1番ショットの調子が良くて、ほとんど4m以内のチャンスにつけられました」と、1番からチャンスが幾度となく訪れるものの、バーディパットをなかなか決められず、もどかしい展開となった福田。しかし、持ち前の粘り強さで確実にパーを重ね、6番でセカンドショットをピン奥8mにツーオンさせると、あわやイーグルのナイスタッチで本日初のバーディを奪う。そのまま1アンダーでハーフターンした福田と、その時点で3ア
ンダーであった新里で、チームスコアをトータル14アンダーまで伸ばし、3打差4位でスタートした中国を突き放したかに見えた。
しかし、直後の10番で10mのバーディパットを4mショートしてしまった福田は、「もっと寄せられたはずなのに、とにかくパッティングが不調でした」と、これを沈めることが出来ず痛恨の3パットボギーとすると、13番、14番でも同じ距離のパーパットが入らず一時は2オーバーまでスコアを落とした。新里も後半3連続3パットボギーなどでスコアを崩しており、一転、激しい3位争いとなった。
しかし、昨年より白木筑波大准教授の指導の下、新たに導入した体力強化プログラムを確実にこなし体力強化を図ってきた福田は、昨年までのようにそのまま崩れることなく踏みとどまることの出来る体力と精神力を身につけていた。続くチャンスホールの15番では、6番を彷彿とさせる8mからのイーグル逃しでバーディ、16番でも5mのバーディチャンスをものにして、イーブンパーまでスコアを戻すと、3日間トータル4アンダー・218ストロークで個人5位と大健闘。

昨年、日本で開催された本選手権をチームジャパン・ジュニアメンバーとして見学に来ていた福田は、「先輩達の戦う姿を見ていて重要性が判っていたので、経験したことのない緊張と不安でいっぱいでした。毎日プレッシャーとの戦いで辛かったですが、たくさんの人にサポートして頂いて、1人ではこのスコアは出せなかったし、最後まで諦めずに戦えたのも仲間がいたお陰です。こんな経験をさせて貰えたことに感謝して、次に活かしていきたいです。まずはトレーニングをもっと頑張ります!」と、新たな課題に向け、既に歩き始めた。
チームジャパン・ジュニアから大抜擢での本選手権出場だったが、脈々と受け継がれてきたナショナルチームスピリットを継承し、著しい成長を見せた福田にとって、メンバー3年目の今年は飛躍の年になりそうだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約