JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
International Championships
[国際競技]
大会のみどころ
成績
組合せ・スタート時刻
競技報告
出場選手
競技概要
フォトギャラリー
大会の記録
国際競技日程

JGA National Team Official Supplier
MIZUNO
FOOTJOY
SRIXON
asics
Championship Reports
競技報告
【最終組の香妻は4オーバーと大きくスコアを崩す】
第3日 競技報告:JGA 写真:JGA
2番でティショットを池に入れてしまう
グリーン上で頭が真っ白になってしまった
2日間6アンダーとチームを牽引していた香妻が、最終日にまさかの大乱調。4バーディ・1ボギー・2ダブルボギー・1トリプルボギーの4オーバー・78とスコアを崩し、悔しいラウンドとなった。

個人1位のHa-Na Jang(韓国)と同組の最終組でスタートした香妻は、2番ホールで5番アイアンで放ったティショットをグリーン左の池に入れるピンチに。3打目を6mにつけるがこれを入れることが出来ずに、ダブルボギーとし、波乱の幕開けとなった。「この時点では、次をパーで我慢して、チャンスホールの5番、6番でバーディを獲ればいいと思ってました」と言う香妻だが、続く3番でもティショットをフェアウェイ右のバンカーに
入れると、セカンドショットをまたもグリーン左の池に入れ、連続ダブルボギー。わずか2ホールで4オーバーまでスコアを落としてしまった。チャンスと言う5番ホールを予定通りバーディとするも、6番ホールでまたもボギーを叩き、なかなか立て直すことが出来ない。

しかし、冷静さが身上の香妻は、「最終日もアンダーを出して台湾に追いつきたかったけど、せめてイーブンパーには戻さなくちゃ」と、気持ちを切り替えると、10番でアイアンショットをぴたりと寄せ、バーディ。ここから昨日までの流れに乗るかと思われた矢先の12番、フェアウェイ左バンカーふちのラフから放った香妻のセカンドショットは、グリーン前を横切るクリークが目に入り、強く入りすぎてグリーン奥にOB。なんとこのホールを3パットのトリプルボギーとしてしまう。昨日まで好調だっただけに、まさかの展開に「頭が白くなった」と語る香妻だが、「2人も頑張っているから、一打でも縮めるよう頑張れ」と言う二宮コーチの言葉に励まされ、14番、15番でバーディを獲り返し、一時は6オーバーまで崩したスコアを4オーバーまで戻してホールアウト。香妻にとって長い1日が終わった。

ナショナルチーム初選考で初の海外競技、初の団体戦と香妻にとっては慣れないことばかりだったが、「チームの皆が力になって、チームの為に一打でも、と思うとバーディが獲れました。でも逆に、それがプレッシャーにもなって、一球一球打つのが怖くもなって、チーム戦は戦い方が変わるんだと実感しました。」と、チーム戦の怖さと面白さを身を持って体感したようである。

一気にスコアを崩す危うさはまだまだあるものの、2ダブルボギー・1トリプルボギーを叩きながらも後半をイーブンパーに戻せる底力の片鱗を覗かせた今大会。「韓国の選手を気にしないようにはしたんですが、やっぱりグリーンを外すとパーすら拾えない今の自分では、全く相手にならないと痛感しました。改めて、やっぱりアプローチパターの重要性を感じました」と課題も見つけ、この試合を機に、次代ナショナルチームのエース候補として期待のかかる香妻の更なる飛躍が望まれる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約