JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【天候の回復とともにショットの切れが戻った貝田が単独首位に】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
5アンダーパーの67をマークした貝田勝之(六甲国際)。第1ラウンドのスタートは10番ホールから。ティーオフは8時のトップスタートだった。吐く息も白くなる晩秋の寒さのなか、序盤の貝田はショットを曲げていた。「朝のうちは寒さが強くて、身体が回らず」左へのミスが続く。12番ではティーショットを左にミスしてバンカーに。そこから2オンを果たすも球はホールから20メートルも離れており3パットのボギー。続く13番ではフェアウェイセンターからの2打目を左に曲げて連続ボギーを叩いてしまった。「ボギーが先行して正直、ちょっと焦った」という貝田を救ったのは14番のパーセーブだった。ここでは3番ウッドでティーショット
を放ったが、これも左のバンカー。2打目はグリーン奥のバンカーに打ち込んだが、うまくホールに寄せて凌いだ。「このパーが次のパー3に繋がった」という15番。7番アイアンで放たれた球は、綺麗な放物線を描き、あわやホールインワンというスーパーショットでバーディ。続く16番でも下り3メートルのラインを読みきって連続バーディを奪って前半をパープレーで終えた。

良い流れに乗った貝田をさらに調子付かせたのは、時間とともに上がり始めた気温だった。スタート時に身につけていたウィンドブレーカーを脱いでプレーを始めた後半に入ると、1番で残り80ヤードのセカンドショットを2メートルにつけてバーディ。3番と6番は1.5メートル、7番では7メートルを鎮めてみせる。最終9番も2.5メートルを沈めてバーディフィニッシュとした貝田は、7バーディ・2ボギーの67で単独首位で第1ラウンドを終えた。好スコアの要因は、ショットが切れて、短い距離のバーディチャンスを多く迎えたこと。グリーンが大きく、複雑なアンジュレーションが施された鬼ノ城カントリー倶楽部も、「グリーンが凄く難しくて、神経を使いますよ。でもショットが良かったから、同伴競技者のパッティングを見て、傾斜を読んで“自分ならこの強さで打つ”とシミュレーションをしていた」と、笑顔を見せる。さらに今年の関西ミッドアマで「パットがつぶれた」と独特の表現で話すパッティングの不調から6位タイに終わった教訓から、本選手権ではパットを変えて出場。そのパットのフィーリングもグリーンのタッチに合っていたという。

「今日のスコアは出来すぎです」と謙遜する貝田。「僕らの組のキャディが凄く優秀で。ゴルフを良くわかっているし、本当に助けられました」と、感謝の言葉をつなぐ。過去、本選手権では3度10位以内の成績を残している貝田。後を追う歴代優勝者達を引き離し、初の優勝杯を手にすることが出来るか。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約