JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【2度目の戴冠に王手をかけた飯田】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
ホールアウト後、飯田耕正(ジャパンクラシック)は、苦笑いを見せた。昨日は、ボギーが先行するも10番からの9ホールでスコアを伸ばして、「10番以降のホールのほうがチャンスを作れる」と話していた。

第2ラウンドは、その10番ホールからのスタート。言葉とおり11番で4メートルを沈めてバーディを先行させるが、15番で1.2メートルのパーパットを外すと、18番では3パットのミスで、前半で1オーバーパーと予想外のスコアに。しかし、後半に入ると1番で5メートル、3番(パー5)でアプローチを1メートルを沈めて、4番は5メートルを決めて3バーディを奪ってスコアを伸ばした。「昨日とは全く逆の展開でしたよね。
バーディが先行したのに、10番ホールからの前半でスコアを落として…」これが飯田の苦笑いの原因だ。「前半、3パットのミスやスコアを落としそうなピンチもあって。それでも後半で3バーディが獲れたことで、生き返りましたよ」と胸をなでおろす。

「今日も終盤はショットが乱れて、それでも耐えに耐えて」と苦しみながらも首位に立った飯田。「2日間、上手くゴルフができていると思う。明日、この順位で争えることが、モチベーションになります」静かに闘志を燃やす飯田。本選手権2度目の戴冠に向けて、試練の18ホールが待っている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約