JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【通算-6で飯田が単独首位に】
第2日 競技報告:JGA 写真:JGA
震災復興支援グリーン・ティー・チャリティー「2011年度(第16回)日本ミッドアマチュアゴルフ選手権競技」は17日、岡山県の鬼ノ城ゴルフ倶楽部で第2ラウンドを行った。

1打差2位でスタートした飯田耕正(ジャパンクラシック)が2つスコアを伸ばして通算6アンダーパーで単独首位に立ち、2004年大会以来2度目の優勝に王手をかけた。3打差の2位タイには2006年大会優勝の田中政佳(北六甲)と2008年大会覇者の髙橋雅也(川越C)、初出場の矢吹龍一(水戸グリーン)がつけている。首位スタートの貝田勝之(六甲国際)は14、15番の連続ダブルボギーが響きスコアを3つ落として通算2アンダーパーで井関剛義(
交野)とともに5位タイに後退した。

大会連覇を狙う田村尚之(呉)はこの日、6バーディ・3ボギーの69と3つスコアを伸ばして通算1アンダーパーの7位タイに順位を上げ、逆転優勝に望みをつないでいる。なお、この日カットが行われ、152ストロークの通算8オーバーパー52位タイの66人が明日の最終ラウンド進出を決めた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約