JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
toto
Championship Reports
競技報告
【2年前のプレーオフ敗退の悔しさをばねに…石渡が1打差3位タイ】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
石渡和輝(中央学院大4年)が7バーディ・2ボギーの5アンダーパー67をマークし、3位タイにつけた。この日は10番ホールからスタートし、前半だけで4バーディを奪い、「流れが良くなった」と好調な滑り出し。後半は1アンダーパー35にまとめた。「全体的にパットが入った。自分の中ではいい感じで回れている」と好感触を得ている。

石渡が日本アマチュアゴルフ選手権競技に参加するのは2度目。前回の出場は一昨年。そのときはプレーオフ1ホール目でバーディを奪うことができずに脱落、マッチプレーには進めなかった。その悔しさは今も忘れてはいない。そして、昨年は出場することも叶わず、大学の1年後輩の杉山知靖の活躍(ランナーアップ)をインターネットで確認していた。その杉山の成績が、さらに石渡を刺激した。

2人はともに大学の近くにアパートを借り、練習に励んでいる。大学との契約で総成カントリークラブと千葉カントリークラブ・野田コースで練習することができる、恵まれた環境にある。石渡は日本アマに向けて順調に調整を重ねてきたが、1ヶ月前にティーショットが曲がり始めた。そこで「ショットを最後までバランスよく、振り切る」ことに専念すると、ドライバーが良くなり始めた。おかげで大会までにちょうどいい感じに仕上がってきた。

クオリファイング第1ラウンドで好スタートを切れたことで、期待は膨らむ。日本オープンに出場することができるメダリストも視野に入ってきた。だが、他の選手も同じように狙っている。そうやすやすと手に入れられるものでもない。まずは「1打1打集中してプレーしていきたい」とはやる気持ちを封印する。2年前の悔しさをばねに、成長を遂げてきた石渡のプレーがメダリストを手繰り寄せることが出来るか…!?

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約