JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
toto
2014年度(第99回)日本アマチュアゴルフ選手権競技
更新 01/19 10:09
Match Round Match Player Status Player Hole
Final 32 小木曽 喬 1UP 比嘉 一貴 F
Third place 31 古田 幸希 1UP 石徳 俊樹 F
フルリーダーボード
大会前第1日第2日第3日第4日第5日
DAY5[第5日]
2014年度(第99回)日本アマチュアゴルフ選手権競技は12日、宮城県の利府ゴルフ倶楽部でマッチプレー決勝戦が行われた。小木曽喬(富士C可児)と比嘉一貴(日本パブリック協会)の対戦となった決勝戦は、前... 詳細はこちら

【小木曽を初優勝に導いた川村昌弘先輩の金言】
前夜、小木曽喬(富士C可児)は、福井工業大学附属福井高校の先輩、川村昌弘と電話で話した。小木曽にとっては、川村は、憧れ・目標・兄貴、そして神様的な存在である。
「明日の決勝マッチは、36ホールあるん...
詳細はこちら
【3位決定戦に勝利した古田は「ちょっとは成長できたと思う」】
3位決定戦で石徳俊樹(広島国際)と対戦して1upで見事に3位となった古田幸希(十和田国際)は、どこかホッとした表情だった。「最後まで自滅することなくプレーできたので、とても満足しています」と古田は言い... 詳細はこちら
【石徳俊樹は4位に終わる】
石徳俊樹(広島国際)は古田幸希(十和田国際)との3位決定戦に臨んだ。1番ホールは古田がティーショットのミスからギブアップで1upとしたものの、3番で古田がバーディを奪いオールスクウェアに。その後は、1... 詳細はこちら
ページトップ
DAY4[第4日]
2014年度(第99回)日本アマチュアゴルフ選手権競技は11日、宮城県の利府ゴルフ倶楽部でマッチプレー準々決勝と準決勝を行った。台風の接近が心配された第4日だったが、幸運にも雨は早朝には上がり、午後か... 詳細はこちら

【大健闘が続く小木曽。「マッチプレーは大好きです」】
17歳111日。福井工業大学附属福井高3年生の小木曽喬(富士C可児)。アマチュア時代に活躍しプロ転向した川村昌弘の後輩にあたる。小木曽の目標とする人も、その先輩・川村昌弘だ。「ゴルフももちろんそうです... 詳細はこちら
【明日の決勝戦を前に比嘉は「攻めてバーディを奪わないと勝てない」】
比嘉一貴(日本パブリック協会)は、一昨年のこの大会でランナーアップになっている。17歳だった。優勝したのは小袋秀人。比嘉は、ホールアウトするなりへたり込んだ。「勝っていれば、こんなに疲れがでないんでし... 詳細はこちら
【旋風を巻き起こしてきたマッチプレー初進出の片岡と葛城は準々決勝で涙を飲む】
ともに初めてマッチプレーに進出した片岡尚之(シェイクスピア)と葛城史馬(中津)。昨日の1、2回戦で勝利をおさめ、準々決勝に駒を進めたが、両者とも経験豊富な大学生に屈し、ベスト4で日本アマを終えた。
...
詳細はこちら
【大野と長谷川も準々決勝で敗退】
社会人の大野由真(四国アマ)と大阪学院大学3年の長谷川祥平(広島紅葉)も準々決勝で姿を消した。

大野と古田幸希の対戦は、エキストラホールにもつれ込む大熱戦となった。13番を終えて古田に2upのリ...
詳細はこちら
ページトップ
DAY3[第3日]
2014年度(第99回)日本アマチュアゴルフ選手権競技は10日、宮城県の利府ゴルフ倶楽部でマッチプレー1回戦、2回戦を行い、ベスト8が決定した。梅雨前線の影響で終日雨に見舞われたこの日。マッチプレー1... 詳細はこちら

【目標の「1番」に向けて古田が好調なプレーを続ける】
古田幸希(十和田国際)は、マッチプレー進出者32名を決めるクオリファイングラウンドのプレーオフで勝ち残った。通算2アンダーパーの同スコアに15人。そのうち4人がマッチプレー進出できる。古田は、その1人... 詳細はこちら
【Teng Kaoを破る殊勲を上げて、堂々ベスト8の片岡】
片岡尚之(シェイクスピア)の勢いが止まらない。杉原悠太(タカガワ新琴南)と対戦したマッチプレー1回戦を1upで切り抜けると、2回戦は特別承認で本選手権に出場しているTeng Kao(チャイニーズタイペ... 詳細はこちら
【日本アマ初出場の大野が準々決勝進出を決める】
今年の四国アマチュアゴルフ選手権で2位に入賞し、悲願の日本アマ初出場を決めた大野由真(四国アマ)が、1回戦で篠優希(川越)を3and1、2回戦は幡地隆寛(東北福祉大)を2and1の接戦で下して準々決勝... 詳細はこちら
【1回戦でライバルの白石を下した小木曽が準々決勝進出】
マッチプレー初進出の小木曽喬(富士C可児)は、1回戦で白石大和(名倉)との対戦となった。昨夜、クオリファイングラウンドが終了してから行われたマッチプレー進出者32名を称えるレセプションの会場で発表され... 詳細はこちら
【身長差21センチの対戦は、小柄な葛城に軍配が上がる】
アンソニー・クエールは、オーストラリアの選手である。19歳で身長が185センチを凌ぐ。「ほんとに背が高いですね。僕は彼の肩ぐらいの身長ですから、見上げてしまいました」と言ったのは、2回戦で対戦した葛城... 詳細はこちら
【小西健太と石徳俊樹の勝負は今大会初のエキストラホールへ】
2回戦、小西健太(東北福祉大)と石徳俊樹(広島国際)の勝負は、今年の大会初のエキストラホールへ突入した。

この試合、終始リードしていたのは小西だった。ショットの調子がよく、バーディチャンスにつけ...
詳細はこちら
【2回戦注目のマッチ。井関と比嘉の対戦は、期待通りの好試合に】
井関剛義(交野)は、顔をクシャクシャにしながら悔しがっていた。今年の日本アマのマッチプレー進出32名で、社会人は井関と福岡康文(芦原)のふたりだけだった。福岡は、1回戦で敗れ井関だけが2回戦進出を果た... 詳細はこちら
【岡崎錬は日本選手3連覇がかかるジュニアオープンへ】
1回戦でナショナルチームメンバーの佐藤大平(神有)を破った岡崎錬(中部日本パブリック)は、2回戦で古田幸希(十和田国際)と対戦した。前半、相手にリードされる1回戦と同じような試合展開。1回戦では終盤に... 詳細はこちら
【メダリストの松原は1回戦で散る】
クオリファイングラウンドを2000年以降の本選手権最少ストロークとなる通算10アンダーパーでトップ通過を果たしたメダリストの松原大輔(朽木)。1回戦の対戦相手は、マッチプレー進出者4名を決める15名の... 詳細はこちら
【ナショナルチームメンバーの小浦と佐藤大平はベスト32に終わる】
JGA男子ナショナルチームメンバーの小浦和也(宮崎国際空港)と佐藤大平(神有)は、ともに1回戦で敗退。今年の日本アマはベスト32で終わった。

金谷拓実(尾道)とのマッチアップとなった小浦は、2番...
詳細はこちら
ページトップ
DAY2[第2日]
2014年度(第99回)日本アマチュアゴルフ選手権競技は9日、宮城県の利府ゴルフ倶楽部でクオリファイング第2ラウンドを行い、明日からのマッチプレー進出者32名が決定した。6アンダーパーで首位タイに並ん... 詳細はこちら

【メダリストの松原は、普段のパッティングスタイルに戻したことが奏功】
前日4アンダーパー68の6位タイにつけていた松原大輔(朽木)が、この日7バーディ・1ボギーの6アンダーパー66をマークし、通算10アンダーパーでメダリストに輝いた。2番(パー5)で2オンしたものの、1... 詳細はこちら
【比嘉は最終ホールのボギーでメダリストを逃す】
クオリファイング第1ラウンドで66のコースレコードタイを叩き出し、松本将汰とともに首位タイに立った比嘉一貴(日本パブリック協会)。「メダリストを目標にしていた」第2ラウンドは、10番ホールの出だしから... 詳細はこちら
【3位タイ通過の松本は松山英樹の言葉を胸にマッチプレーに臨む】
通算8アンダーパー、3位タイでマッチプレー進出を果たした松本将汰(東北福祉大)。ホールアウトしてくる表情は、悔しさを露わにしていた。というのも2日間、同じ組で回ったライバルの比嘉一貴に1打遅れたからだ... 詳細はこちら
【阿佐が通算-8の3位タイで初のマッチプレー進出】
阿佐和典(皐月GC・天拝)がこの日1イーグル・5バーディ・2ボギーの67をマークして通算8アンダーパーでホールアウト。日本アマ初出場でマッチプレー進出を決めた。この日の阿佐は10番ホールからのスタート... 詳細はこちら
【5位タイ通過の長谷川は、「世界レベルで争いたい」と意欲を見せる】
長谷川祥平(広島紅葉)にとって、昨年のアジアアマ2位という成績は、順位だけの収穫ではなく、競技者として世界へと視野を広げた経験でもあった。「アジアアマもそうですけど、海外の試合に出るようになって、いい... 詳細はこちら
【96位タイからコースレコードの64で10位タイに順位を上げた竹安】
クオリファイング第1ラウンドはパッティングに苦しんで2オーバーパーの96位タイと大きく出遅れた竹安俊也(東北福祉大)は、スタート前「今日は5アンダーパーを目標にしていた」という。1、2番を連続バーディ... 詳細はこちら
【中部期待の岡崎錬が3度目の挑戦で初のマッチプレー進出を決める】
首位と3打差の3アンダーパー、13位タイでクオリファイング第2ラウンドをスタートした岡崎錬(中部日本パブリック)は、ティーオフ前に「今日もみんなスコアを伸ばしてくる。自分も上だけを見て、昨日と同じぐら... 詳細はこちら
【本年大会最年長で初出場の田村は残念ながらカットに終わる】
1952年5月23日生まれ、62歳の田村敏明選手は、この大会での最年長出場選手である。2009年関東ミッドアマ6位、関東シニア2位になるなどして、中高年になってからの活躍が目立っている。今年の日本アマ... 詳細はこちら
【15人によるプレーオフは暗闇の中で決着】
日本アマのクオリファイング第2ラウンドは、いつも残酷である。特に、マッチプレー進出32人を決めるとき、どうしても同スコアでのプレーオフ決戦になってしまう。今年は、15人が2アンダーパーにいて、そのうち... 詳細はこちら
ページトップ
DAY1[第1日]
2014年度(第99回)日本アマチュアゴルフ選手権競技は8日、宮城県の利府ゴルフ倶楽部でクオリファイング第1ラウンドを行った。昨晩の雨がやみ、好天に恵まれたこの日、出場選手141名のうち54人がアンダ... 詳細はこちら

【首位タイの比嘉は「松本についていった」】
午後スタートの比嘉一貴(日本パブリック協会)と松本将太(東北福祉大)は、同じ東北福祉大で同じ年。松本は2月24日生まれの早生まれで、比嘉が4月23日生まれだから学年では、比嘉が後輩になる。そして、この... 詳細はこちら
【首位タイの松本は今年も台風の目となるか】
昨年大会ベスト8の松本将太(東北福祉大)が、地元の利府ゴルフ倶楽部でコースレコードタイとなる66の6アンダーパーをマークする会心のプレーを見せた。松本は、前半24組がほぼプレーを終えた時点でのスコア速... 詳細はこちら
【幡地の好スコアの裏に2週間前の松山英樹の助言が】
午前組の7時48分スタートでプレーした幡地隆寛(東北福祉大)が、67の5アンダーでパーホールアウトしてきた。そのスコアは、午前組の選手が全員ホールアウトするまで、ずっとトップをキープしてきた。幡地と同... 詳細はこちら
【2年前のプレーオフ敗退の悔しさをばねに…石渡が1打差3位タイ】
石渡和輝(中央学院大4年)が7バーディ・2ボギーの5アンダーパー67をマークし、3位タイにつけた。この日は10番ホールからスタートし、前半だけで4バーディを奪い、「流れが良くなった」と好調な滑り出し。... 詳細はこちら
【ナショナルチームメンバーの長谷川と小浦がともに-4の6位タイにつける】
昨年のアジアパシフィックアマチュア選手権で2位となって話題を巻いた長谷川翔平(広島紅葉)は、その経験が自分のゴルフに大きな影響を及ぼしたと言った。
「いろいろな試合に出場させていただいて、アジアンア...
詳細はこちら
【北海道の俊英、片岡が初出場で6位タイと好スタート】
今年の北海道アマを制して本選手権初出場を決めた片岡尚之(シェイクスピア)が1イーグル・6バーディ・4ボギーの4アンダーパー、首位と2打差の6位タイと好スタートを切った。スタートの1番で110ヤードのセ... 詳細はこちら
【6位タイの松原は「明日もスコアを伸ばしたい」】
5年連続5回目の日本アマ出場となる松原大輔(朽木)は、午前スタートの22組目、8時12分に10番ホールからティーオフした。11番で1メートルのバーディパットを外したが、「パットのフィーリングが悪かった... 詳細はこちら
【第1ラウンドが定刻7時にスタート】
2014年度(第99回)日本アマチュアゴルフ選手権競技が開幕した。クオリファイング第1ラウンドは、定刻7時に1番ホールから第1組、10番ホールから第13組がそれぞれティーオフ。5日間に及ぶ熱戦の幕が開... 詳細はこちら
ページトップ
PREVIOUS DAY[大会前]
2014年度(第99回)日本アマチュアゴルフ選手権競技が8日、宮城県の利府ゴルフ倶楽部で開幕する。本選手権には、各地区アマチュアゴルフ選手権上位選手など141名が出場。指定練習日の7日には、明日のクオ... 詳細はこちら

クォリファイングラウンドのスタート時刻と組合せ
クォリファイファイングラウンドのスタート時刻と組合せを公開しました。競技ページ左側のメニューよりご確認願います。 詳細はこちら
ページトップ
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約