JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [予選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
予選競技日程
Championship Reports
競技報告
【通算-9で梁津萬がトップ通過。通算-6までの6名が本選出場権を獲得】
第1日 競技報告:JGA 写真:JGA
(左から)D.オー、宮里聖志、梁津萬、李京勲、谷口徹、矢野東
第114回全米オープンゴルフ選手権セクショナルクオリファイング(最終予選)は26日、奈良県の奈良国際ゴルフ倶楽部で36ホール・ストロークプレーで本選出場権6名の枠をかけたプレーが行われ、通算9アンダーパーの梁津萬が首位通過を決めた。1打差の2位タイには、宮里聖志、谷口徹、李京勲が入り、早々に本選出場権を獲得。残り2名の枠をかけたプレーオフは通算6アンダーパーで5位タイに並んだ山下和宏、矢野東、谷原秀人、D.オーの6名で行われ、2ホール目にバーディを奪ったD.オーが出場権を獲得し、山下がボギー以上が確定で脱落。矢野と谷原の2人から1名を決定するプレーオフは両者譲らず、6ホール目まで行われ、2度目の3番ホール(パー3)で矢野がバーディを決めて長い戦いに終止符を打った。この結果、日本会場の最終予選で本選の出場権を獲得したのは、梁津萬、宮里聖志、谷口徹、李京勲、D.オー、矢野東の6名となった。

なお、第114回全米オープンゴルフ選手権は6月12日から4日間、ノースカロライナ州のパインハーストリゾート&カントリークラブ(パインハーストNo.2)で開催される。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約