JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【-4をマークした鈴木海斗、石坂友宏、野口裕太の3人が首位タイに】
第1日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
片岡尚之
JOCジュニアオリンピックカップ2015年度(第21回)日本ジュニアゴルフ選手権男子15~17歳の部は19日、埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースで第1ラウンドを行い、4アンダーパーの67をマークした鈴木海斗(拓大紅陵高校3年)、石坂友宏(日本ウェルネス高校1年)と野口裕太(杉並学院高校1年)の1年生コンビの3人が首位タイに並んだ。1打差の4位タイグループには篠優希(代々木高校3年)ら3人がつけている。第100回日本アマチュアゴルフ選手権で史上最年少優勝を果たした金谷拓実(広島国際学院高校2年)は、2アンダーパーで7位タイと好位置で第1ラウンドを終えた。ディフェンディングチャンピオンで大会連覇を狙う片岡尚之(札幌光星高校3年)は2番でダブルボギーを喫すると、10、12番でもボギーを叩く苦しい流れも後半3バーディで盛り返し、1オーバーパーの31位タイ。JGAナショナルチームU-17 メンバーで本選手権初優勝の期待がかかる岡崎錬(福井工業大学附属福井高校2年)は1バーディ・7ボギーの6オーバーパーの77に終わり、85位タイと大きく出遅れた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約