JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【金谷は出遅れに明日からは攻めていきたいと気合を入れ直す】
第1日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
第100回日本アマチュアゴルフ選手権で中島啓太との決勝戦を10and9で勝利をおさめ、史上最年少優勝記録を更新した金谷拓実(広島国際学院高校2年)。タイトルホルダーとして臨んだ日本ジュニアでは、ショットの不調に苦しむスタートとなった。前半からティーショットが安定せず、スコアカード通りのプレーで迎えた8番。フェアウェイ左のバンカーからのショットは、アゴが近く出すだけでボギーが先行。直後の9番(パー5)でバーディを奪い前半をイーブンパーで凌いだが、気持ちは晴れないまま後半に入る。10番(パー3)でようやく金谷らしいショットで2メートルにつけてのバーディを奪い波に乗るかと思われたが、その後のバーディは14番(パー5)の1ホールだけ。「130ヤード以内のショートアイアンの精度が悪かったです。スピンコントロールを上手くできなかったし、スウィングのリズムもバラバラ」と嘆くように17番(パー4)も残り90ヤードのラフからの2打目をフライヤーを気にし過ぎてグリーン手前バンカーに打ち込むミスからボギー。この日は、3バーディ・2ボギーの70と不本意な成績に苦笑いしか出なかった。

「中国ジュニアから調子が落ちてきてしまって…。高校選手権から1週間の休みがあったので、しっかり練習をしてきましたが、まだしっくりと来ていません」と肩を落とす。「このコースなら3日間で優勝争いは10アンダーパーになるかと思う。今日は後半で3つか4つ伸ばしたかったけれど…残り2日間で攻めていかないと」と気合を入れ直す。「日本アマに勝った実感は、正直あまり湧かなくて…」と話す金谷だが、周囲の期待は高くなっていく。それを柳のように受け流すところに金谷の魅力がある。わが道を行く金谷の明日からの巻き返しに注目だ。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約