JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【首位タイスタートの鈴木は好スコアにも不満顔】
第1日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
4アンダーパーの首位タイグループに食い込んだ鈴木海斗(拓大紅陵高校3年)は、好スコアにも少し不安が残る表情を見せた。10番ホールからスタートした鈴木の初バーディは13番。4メートルをねじ込むも、15番でティーショットを右の林に打ち込みボギー。17番では1メートルのチャンスを迎えたが、下り傾斜を意識し過ぎたのかミスパットしてのパーに「もったいなかった」と気落ちしたのか、18番でボギーを叩き前半は1オーバーパーの36。しかし、後半に入ると鈴木のゴルフは一転する。2番で3メートルを決めたのを皮切りに、3番で8メートル、4番2メートル、5番で1メートル、6番で3メートルとチャンスを悉く沈めて、鈴木自身も「初めて」という5連続バーディで一気に4アンダーパーまでスコアを伸ばして見せた。しかし、好スコアにも鈴木は不満の表情。「最後の9番で2オンしたのに3パットのパー。しっかりバーディを決めておきたかった」のがその理由だ。その悔しさを紐解けば、今年の関東ジュニアに繋がっていく。関東ジュニアで優勝争いを演じていた鈴木は17番で痛恨のボギーを叩いて1打差の2位に順位を落とすと、18番(パー5)でバーディを奪うことが出来ず、1打差の2位で悔し涙を飲んだ。高校3年生の今年、最後の日本ジュニアで初優勝を狙っている鈴木。「もちろん勝ちたいです。でもガツガツといかずに冷静にプレーできれば…」と言う言葉の裏には、「チャンスを逃さない」という関東ジュニアの教訓が現れていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約