JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【野口祐太、石坂友宏の1年生コンビが首位タイグループに食い込む健闘】
第1日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
石坂友宏
野口祐太(杉並学院高等学校 1年)は7バーディ・3ボギーの4アンダーパー67で回り、石坂友宏(日本ウェルネス高等学校 1年)、鈴木海斗(拓殖大学紅陵高等学校 3年)とともに首位に並んだ。「いつもよりショットがピンに絡んで、パットも入ってくれた」と喜ぶ。

彼はしっかりした計算を立てていた。「第1ラウンドは2アンダーパー、2日目が3アンダーパー、3日目が3アンダーパー」で回ることを目標としていた。なぜ日によって目標スコアが違うかというと、「最初は慎重に行き、2日目は第1ラウンドよりも目標を高く持つ。最終ラウンドは攻めすぎないように、また2日目と同じスコアで回る」という戦略を立てているのだ。
野口裕太


となると、第1ラウンドで予定よりも2つも貯金ができたことになる。でも2日目は欲張ることもなく、野口は当初の予定通り「3アンダーパー」を目指す。

一方、石坂は前半を4バーディ・ノーボギーで折り返し、11番でボギーを叩いたものの、13番6メートル、16番4メートルのバーディパットを沈め、スコアを伸ばした。最終18番でボギーを打ってしまったものの、4アンダーパー67をマークした。

しかし、67という立派なスコアにも「満足していない。内容は満足したけど、スコア的にはもうちょっといけた」と納得していない。この日は「ドライバーショットは普段よりブレていたけど、セカンドショットでカバーできた。グリーンが柔らかかったので、攻めることができた」。アイアンショットの好調さがこの日の石坂を支えた。

第2ラウンドはもっと上を狙う。「5アンダーぐらいで回らないといけない。もっと攻めないと」とアグレッシブな姿勢を見せる。攻めの「石坂」と、静の印象がある「野口」。はたして、第2ラウンドでは、どっちに軍杯が上がるか、2人のプレーが楽しみだ。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約