JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【清水大成が通算5アンダーパーで2位タイに浮上】
第2日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
清水大成(東福岡高等学校 2年)は、首位と1打差の4位タイの好位置からスタートし、この日は快調なゴルフを続けていた。1番で4メートル弱のバーディパットを決め、幸先のいいスタートを切った。7番では15ヤードの距離からチップインバーディを決め、前半は2アンダーパー。さらに11番4メートル、13番1.5メートルのバーディパットを沈め、ここまでで4つスコアを伸ばした。

いいゴルフを展開していて、気が緩んだわけではなかったが、「好事魔多し」とはよく言ったものだ。17番で思わぬミスが出てしまった。ティーインググラウンドで「ちょっとつま先上がり」と感じた清水は、そのまま普通に打てば左にいってしまうので
はないかと危惧し、スウィングの途中で「調整」してしまった。これが失敗だった。「左が気になって、体が開いて、フェースも開いたままインパクト」を迎えてしまい、ボールは右へ。OBゾーンへと消えていってしまった。このホールはこのOBが響いてダブルボギー。「もったいない」と言う一言に尽きる。ノーボギーで終えたのだが、このダブルボギーがあり、2アンダーパー69とし、通算5アンダーパーで首位の近藤玲央と4打差の2位タイだ。

テンションは下がってのホールアウトだが、1日を振り返れば「いいバーディパットが入ってくれた。まぁまぁ納得です」と清水。試合が始まる前の目標は「トップ10」だったが、ここまでくれば「逆転優勝目指して、がんばります」と軌道修正だ。明日は首位の近藤と同じ最終組で回る。相手が目の前にいることが吉と出るか凶と出るか、ゴルフはわからない。清水の真価が問われる。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約