JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【篠優希が鮮やかな逆転劇を演じ、通算-7で初優勝】
第3日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
Yoshitaka Watanabe
女子15-17の部優勝者蛭田みな美選手と
JOCジュニアオリンピックカップ2015年度(第21回)日本ジュニアゴルフ選手権男子15~17歳の部は21日、埼玉県の霞ヶ関カンツリー倶楽部・東コースで最終ラウンドを行った。

曇天で多少過ごしやすい気候の中での優勝争いは、天候とは真逆に1打を争う白熱したものとなった。第2ラウンドで霞ヶ関CC・東コースのコースレコードを更新する63で通算9アンダーパーの単独首位に立った近藤玲央(滝川第二高校3年)が前半をイーブンパーで終え、このまま逃げ切るかと思われた後半にドラマが待っていた。

近藤が13番でダブルボギーを叩くと、14番でバーディとしたものの16番をボギーとし優勝争いが混沌とする。近藤の乱調に乗じて優勝争いに加わったのが、7打差の6位タイにつけていた篠優希(代々木高校3年)。篠は前半で4バーディを奪いトップに迫ると、後半も2つスコアを伸ばし、この日6バーディ・1ボギーの66をマーク。通算7アンダーパーでホールアウトし、後続のプレーを待つ。

最終組の近藤は17番でよもやのダブルボギーを喫し、優勝争いから脱落すると、代わりに最終組の1つ前でプレーしていた小斉平優和(日本ウェルネス高校2年)が16番のバーディで篠に1打差に迫る。しかし、小斉平も最終ホールはパーに終わり、通算6アンダーパーで競技終了。

篠が大会記録となる7打差を逆転して、嬉しい初優勝を決めた。1打差の2位タイに小斉平と富本虎希(興南高校2年)が入り、近藤は通算3アンダーパーで5位タイ。大会連覇を狙った片岡尚之(札幌光星高校3年)は通算8オーバーパーの44位タイで最後の日本ジュニアを終えた。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約