JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【富本虎希と小斉平優和の2人が2位タイ入賞】
第3日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
小斉平優和
富本虎希(興南高校2年)は、首位を走る近藤玲央と最終組で一緒に回り、逐一戦況を把握できていた。その近藤が終盤にスコアを崩し、17番ではダブルボギーを叩き、富本が通算6アンダーパーで彼を1打逆転してリードした。そして、18番ティーインググラウンドに立つときは、2組前を回る篠優希が通算7アンダーパーとしたものの、ティーショットを左に曲げており、ボギーの可能性があった。「パーなら優勝の可能性があるかも」と思った。が、富本もティーショットを左のラフに入れ、第2打はグリーンまで届かず、手前30ヤードにショートした。ここからのアプローチを2メートル弱につけ、このパーパットをねじ込んだ。

しかし、篠は
富本虎希
最終ホールをパーで上がっており、通算7アンダーパーでホールアウトしていた。結局、富本は1打届かず、2位タイに終わった。「最終ラウンドにスコアを落とすことが多かったので、今日は後半粘れたので良かった」と収穫はあった。ただ母校の興南高校は、野球部が甲子園を沸かし、負けた野球部の分も頑張るといっていただけに、「悔しい」。同じゴルフ部の同級生の新垣比菜も逆転優勝を狙ったが5位に終わり、興南高校男女アベック優勝の夢もかなわなかった。高校2年生の夏は終わったが、まだ来年がある。

小斉平優和(日本ウェルネス高校 2年)は「伸ばすしかない」と前半から攻めた。4バーディ・1ボギーの33でハーフターンし、この時点で通算6アンダーパーで首位とは3打差に詰め寄っていた。後半のプレー次第ではチャンスがあったが、10番ホールで10メートルから3パットしてしまい、ボギー。追撃に水を差してしまった。その後は「しのぐ感じ」のプレーが続き、差を詰めることができない。結局、優勝した篠と1打差の2位タイだった。
悔しさをかみ締めながらも「出来すぎでした」と振り返った。課題として「ドライバー」を挙げた。現在ドローボールを打っているが、もっと「まっすぐ」な球筋にしたいという。
「来年勝てるように練習したい」とリベンジを誓った。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約