JGAとは 競技 ナショナルチーム 規則・用具 ハンディキャップ ジュニア リンク
HOME
Championship [本選競技]
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
歴代優勝者
主な記録
本選競技日程
Championship Reports
競技報告
【逆転優勝の篠優希は「最後のアマチュアビッグタイトルを獲れてうれしい」と笑顔がはじける】
第3日 競技報告:JGA 写真:Gary Kobayashi
篠優希(代々木高校3年)が前日首位との7打差を逆転して、優勝した。7打差逆転は、本大会のおける最多差逆転となった。スタート前はさすがに「トップと7打差があって、逆転できると思っていなかったので、自分のゴルフをしようと思っていただけに、うれしいです」とまさかの優勝だった。前日63のコースレコードを記録して、首位を走る近藤玲央(滝川第二高校3年)は「さすがにそんなに崩れないだろうから、6アンダーパー、5アンダーパーを出せればいいところにいけるかな」とスタート前に思っていたくらいだった。

前半は4バーディ・1ボギーの3アンダーパーで、通算5アンダーパーでハーフターンした。この時点では近藤が通算
9アンダーパーをキープしていたので、まだ4打差があった。後半に入り、13番でバーディを奪い、通算6アンダーパーとして、17番まで来たときに、後続の組の選手がスコアを落とし「6アンダーパーが首位」との情報が入った。その17番で残り85ヤードの第2打を58度のウェッジでピン左横1メートルにつけて、このスライスラインのバーディパットを見事に沈めた。これで通算7アンダーパーとして単独首位に立った。18番もティーショットを曲げるもパーセーブし、ホールアウトして後続組のプレーを待った。

プレーオフの可能性もあったが結局、後続の組の選手も篠に並ぶことができず、そのまま優勝が決まった。高校3年生の彼にとっては、これが最後の日本ジュニアであり、それだけに「本当にうれしいです。最後のアマチュアのビッグタイトルだったので」と今後はプロを目指す。すでに先週、房総CC房総ゴルフ場で行われたファーストクォリファイングトーナメント(QT)を受けており、無事に通過して、次はセカンドQT(9/8~11 サンヒルズCC)が待っている。「QTを早く受けたいと思っていて、ファイナルまで行って」来年のツアー出場を目指す。目標は「アダム・スコット。スウィングもかっこいいし、ビジュアルもいい」と将来は世界で戦うことを考えている。普通はアメリカを目指すことが多いが「アジアやヨーロピアンツアーで戦いたい」という。「レベルの高さはアメリカと変わらない。マキロイも出てくるし、賞金も変わらない」とその理由を語った。

篠は、吉岡徹治氏が主宰する「マジック」というジュニア育成プログラムに参加しており、今年の日本アマチュアゴルフ選手権競技でランナーアップだった中島啓太とも一緒に練習をしている。それだけに彼の活躍は刺激になった。篠は1回戦敗退。一方、中島は見る見るうちに勝ち上がり、決勝まで駒を進める彼の姿を見て「すげぇ」と思った。そこで「何がいいのか、練習場で見ていて、アプローチのバリエーションと常にリズムが一定」なことに気づいた。篠のほうが3歳年上であるが、いいものを吸収することには年齢も関係ない。その中島からホールアウト後に「おめでとうございます」といわれ、思わず「ヨシ!と思った」という。その笑顔は優勝カップのように輝いていた。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約