2015年度(第80回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
toto
Championship Reports
競技報告
【日本プロシニア優勝の室田淳が貫録のプレーで8位タイに】
第1日 競技報告:三田村昌鳳    写真:Y.Watanabe
先週(10月8〜11日)、日本プロシニアゴルフ選手権に優勝したばかりの室田淳は、鉄人、あるいはキング・オブ・シニアと呼ばれている。この7月に還暦を迎えた室田だが、いまだにレギュラーツアーとシニアツアーの両方に出場している。今季もレギュラーツアーに11試合出場し、予選落ちはわずか4回だ。シニアツアーでは、7試合出場で3勝。賞金ランキングも現在2位。平均ストロークが、68.65。この数字だけでも鉄人と呼ばれる所以が理解できるだろう。

先週の優勝の疲れもなく、この日4バーディ・1ボギーの3アンダーパーで、現在首位と3打差の8位タイ。10番からスタートして、前半を1アンダーパー。後半で2アンダー
パー。「(最後のホールのバーディは)ほんと、いいところについてくれました。今日は、ラフに入っても、グリーンを外しても、良かった」と満足気だ。それは、ゲームマネージメントとリカバリーショットの上手さを表している。パッティングの調子が、先週からいいという。「いつもは短いのを1個か2個外すんだけれど、2mぐらいのパットが良く入った。今日は午前中のスタートだったので、いいスコアを出さないと。明日は午後だしね」と余裕すら感じる。コースセッティングについても「いいんじゃないの。ラフに入ってもグリーンを狙うことができるし、前はちょっと入ったら打てなかった。あと10センチ伸びたら打てない。300ヤードのフェアウェイに20ヤード(の幅)では難しいからね」と、還暦シニアプロでも、十分に優勝争いができると言っているようだった。

「そうだよねぇ。最後の日本オープンだし(笑)」と、自分に何かを言い聞かせるように言うときは、室田は好調だという証でもある。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約