2015年度(第80回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
toto
Championship Reports
競技報告
【沖縄の悪夢を振り払え。J・パグンサンはリベンジに燃える】
第1日 競技報告:塩原義雄    写真:Y.Watanabe
7バーディ・1ボギーで66。J・パグンサンが第1ラウンドのトップに立った。「今日は、ショットもよかったし、パッティングもよかった。キャディーにも助けられた。キャディーが自分のゲームのレベルを上げてくれたことも好スコアをマークできた大きな要因です」

日本オープンといえば、パグンサンには、忘れられない思い出がある。それは、悪夢として、今でも脳裏に焼き付いている。2012年、沖縄で初めて開催された大会でのものだ。最終ラウンドの16番ホールまで、トーナメントリーダーであった。2位には2打差をつけていた。続く17番から悪夢のような出来事が起こる。パー3の17番、ピンは池越えの右奥に立っていた。2打
のリードとなっていたパグンサンは、グリーンセンターを狙ってショットを打ち出した。それが、直後に強まった左からの風に押されて、池の広がる右サイドに。グリーンからの傾斜に落ちたボールは、そのまま池に転がり落ちていった。

続く最終18番ホールはアプロートショットを1.5メートルに寄せたが、このパーパットをはずして先に通算8オーバーパーでホールアウトしていた久保谷健一に初優勝をプレゼントしてしまった。終盤の2ホールだけで3オーバーパー。パグンサンには、痛すぎるできごとであった。
「16番までは、自分でも納得できるプレーができていたし、17番も落下する30ヤード手前まではイメージしたラインに飛んでいっていた。でも突然の強風にあおられて右の池に転がり落ちてしまった。運がなかった。そういうしかない最悪の結果だった」

そう振り返ったパグンサン。思いは、あのときのリベンジである。絶好のスタートを切った今大会こそ、悪夢から解放されることを願っている。

その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約