2015年度(第80回)日本オープンゴルフ選手権競技
競技会トップ コース紹介 歴史・過去の大会 オープンへの道のり ギャラリー 協賛・役員 JGA HOME
sponsors
競技会トップ
フルリーダーボード
ホールバイホール
ホールサマリー
ホールロケーション
組合せ・スタート時刻
気象状況
競技報告
出場選手
競技概要
観戦案内
TV放映
フォトギャラリー
大会のみどころ
主な記録
本選競技日程
JGA HOME
一般財団法人上月財団
日本オープンは、一般財団法人上月財団
の助成を受けています。
toto
Championship Reports
競技報告
【小平が62をマークして通算-11で単独首位に。2打差に日本アマ優勝の金谷拓実がつける】
第2日 競技報告:JGA    写真:Y.Watanabe
金谷拓実
2015年度(第80回)日本オープンゴルフ選手権は16日、兵庫県神戸市の六甲国際ゴルフ倶楽部・東コースで第2ラウンドを行った。この日、驚異的なプレーを見せたのが小平智。1アンダーパー35位タイでスタートした小平は、1番からの4連続バーディを含む7バーディで前半を29で終えると、後半も16番から3連続バーディで33。小平は、11バーディ・1ボギーの62をマークして、六甲国際ゴルフ倶楽部・東コースのコースレコードを更新するとともに、パー72のセッティングで行われた本選手権の中で1992年に龍ヶ崎で尾崎将司が樹立した最少ストローク記録の64を塗り替える完璧なプレーを見せて通算11アンダーパーで単独首
池田勇太
位に躍り出た。もう一人、大きな注目を集めたのが小平と同じ組でプレーしたアマチュアの金谷拓実。金谷も7番からの3連続を含む、7バーディ・1ボギーの66でホールアウト。通算9アンダーパーにスコアを伸ばし、2打差の2位に順位を上げた。さらに1打差の3位タイには、連覇を狙う池田勇太、黄重坤がつけている。アダム・スコットは、通算4アンダーパーで片山晋呉、宮里優作らとともに7位タイの好位置につけている。

なお、この日カットが行われ、通算2オーバーパーの54位タイ、61人が明日からの後半のラウンド進出を決め、日本ジュニアゴルフ選手権男子12~14歳の部を連覇した15歳80日の池田悠希が最年少第3ラウンド進出者記録を更新した。


その他の記事はこちら
戻る
ホームJGAとは競技ナショナルチーム規則・用具ハンディキャップジュニアリンクサイトマップ個人情報保護このサイトについて利用規約